2014.09.12

【J1第23節予想スタメン 川崎vs徳島】主力に負傷者続出の川崎、徳島戦ではシステム変更が濃厚

主力に負傷者が相次ぐ川崎。徳島戦ではシステム変更が濃厚 [写真]=Getty Images

川崎フロンターレ 主力数選手が離脱、システム変更が濃厚



 風間八宏監督はこの徳島戦を「総力戦」と評している。

 それもそのはず。得点ランキングトップを走る大久保嘉人がリーグ戦で2試合の出場停止。中村憲剛とともに中盤を支えてきた大島僚太がU-21日本代表で離脱。さらに先週のナビスコ杯準々決勝C大阪戦での負傷により、森谷賢太郎實藤友紀杉山力裕登里享平といった主力数名の出場が難しい模様だ。FW、MF、DF、GKと全てのポジションで入れ替わりが起きている。まさにチームの総合力が試される一戦となる。

 この現状を踏まえ、風間監督は今週の練習で4-3-3の布陣を導入。カギを握るのは中盤か。トップ下には中村憲剛が配置され、ダブルボランチは谷口彰悟稲本潤一のコンビで固めた。この3人の中盤で、チームの生命線であるパスワークをいかに機能させるか。そしてフィニッシュを担うFW安柄俊には初ゴールを期待したいところだ。

 守備面では、無失点に期待したい。ここ最近は毎試合失点しており、無失点試合は第17節新潟戦まで遡らなくてはいけない。先発復帰が濃厚なGK西部洋平は、「チャンスだと捉えている。結果を出したいし、無失点にこだわりたい」と完封勝利に燃えている。

 徳島は最下位とはいえ、リーグ戦再開後からの巻き返しぶりは警戒に値する。「前半戦とは別のチームだと思っている」と中村。チームに油断はない。ホームで勝ち点3を獲得し、上位追撃といきたい。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-3-3
GK
西部洋平
DF
田中裕介
ジェシ
井川祐輔
小宮山尊信
MF
稲本潤一
中村憲剛
谷口彰悟
FW
小林悠
安柄俊
レナト

徳島ヴォルティス 前節敗戦も守備面で手応え、アドリアーノのコンディション向上も好材料

 前節の広島戦では1失点に抑えながらも、得点を奪うことができず、0-1で黒星を喫した。少しずつチャンスを作れるようになってきただけに、前線の選手の決定力には期待が懸かる。そんな中、7月に加入したアドリアーノがコンディションを上げ、スタメンに名を連ね始めた。徳島に縦への推進力を加えた同選手だが、今節は自身の移籍後初ゴールにも注目が集まる。今週は天皇杯、ナビスコ杯を挟む週ではあるが、徳島は公式戦がなく、川崎戦に向けて念入りに準備を行えた。両大会で予選敗退を余儀なくされたことは残念ではあるが、裏を返せば割り切ってリーグ戦に照準を絞れたはずだ。

 第6節の直接対決を振り返れば0-4と大敗を喫したものの、初のJ1リーグ戦ということもあり、序盤は不慣れな部分もあった。もちろん、川崎がリーグ有数の攻撃的なチームということに変わりはないが、徳島は前半戦での悔しさをバネに約5カ月かけて成長し続けてきた。さらに、村松大輔エステバンといった守備的な選手を補強、中断期間中には3バックをより強固にするフィジカル、戦術トレーニングといった具体的な守備の改善が行われた。

 リーグ戦最下位と苦しい状況が続く徳島だが、降格圏脱出に向けて勝ち点差は1桁台とまだまだ分からない。攻撃的な川崎を粘り強い守備で抑えて勝利できれば、終盤戦に向けて大きな弾みとなることは言うまでもない。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
長谷川徹
DF
村松大輔
福元洋平
藤原広太朗
MF
大崎淳矢
濱田武
エステバン
アレックス
衛藤裕
アドリアーノ
FW
高崎寛之

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
マンチェスター・C
7pt
アーセナル
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
49pt
鹿島アントラーズ
45pt
横浜FM
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
61pt
京都
52pt
大宮
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る