FOLLOW US

【J1第23節予想スタメン 新潟vs仙台】上位追撃を狙う両者の一戦…新潟は対戦成績で劣るも仙台戦4連勝中と好相性

仙台戦4連勝中と好相性を誇る新潟 [写真]=Getty Images

アルビレックス新潟 前節は5失点を献上、仙台戦までの2週間は守備の立て直しに注力

 前節のG大阪戦は5失点を喫する大敗。チームのベースである堅守が大きく揺らいだ。天皇杯もすでに敗退していることから、仙台戦までの2週間のトレーニングではボールを奪いきる1対1の激しさを取り戻すことを主眼に、守備の立て直しが図られた。

 前節出場停止だったレオ・シルバ大井健太郎は、プレーだけでなくコーチングの声でも練習の雰囲気を引き締めるなど、さすがの存在感を示した。チームにとって、彼らの復帰は間違いなく大きなプラスだ。

 さらにこの2週間、柳下正明監督は、ゴールに仕掛ける意識を改めて強調し、新潟らしい縦への速さが戻りつつある。

 しかし、公式戦になると得点力不足は相変わらずで、それを克服するための試行錯誤が続けられている。焦点の一つとなるのが左サイドバックだ。先週行われた富山との練習試合では、センターバックのソン・ジュフンがテストされたものの、不慣れさは明らかだった。この夏加入したイ・ミョンジェは1対1の守備に、現状では一番手の大野和成は攻撃に課題がある。左サイドバックの人材は決め手を欠いたままだ。

 一方、日本代表に初選出された右サイドバックの松原健は、出場こそならなかったが、刺激を受けてチームに復帰している。これまでの高速クロスに加え、緩いボールやグラウンダーのボールなど、クロスに工夫を加えようと意欲的。積極的な仕掛けでチームを活気づけることが期待される。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
松原健
舞行龍ジェームズ
ソン・ジュフン
大野和成
MF
山本康裕
小泉慶
小林裕紀
田中亜土夢
FW
指宿洋史
岡本英也

ベガルタ仙台 主軸2選手のコンディション面に不安、ウイルソン不在も痛手に

 勝ち点差は3。順位の近い新潟を倒し、より上の順位を目指したい。新潟戦では2012年のJ1第8節を最後に勝利から遠ざかっているが、だからこそ敵地で新潟を下せば勢いがつく。

 この試合ではウイルソンが警告累積により出場停止。仙台にとっては大きな痛手だ。また、6日の練習試合で負傷して途中交代した野沢拓也角田誠が、試合当日までにどれくらい回復できるか、ということも懸念材料だ。

 だが、前節からの2週間で、そういった不安をカバーするための総合力を身につけるために、「必要な変化をつけた」(渡邉晋監督)上でのトレーニングを重ねてきた。新潟戦をはじめとした9月の4試合に備えたオプション布陣を用意し、メンバーをシャッフルした紅白戦や練習試合によって競争意識が高まった。また、ピッチコンディションの良好な新練習場で連動したパスワークを磨き、攻撃のイメージ共有を進めた。従来の4-4-2のみならず、攻撃に変化を加えたシステムを状況に応じて使い、新潟のプレッシャーを上回る速攻を仕掛けたいところだ。

 また、個人では二人の選手を取りあげたい。一人は、6日の練習試合で45分間プレーし、2得点1アシストを記録した武藤雄樹。ウイルソンが不在の今節は、第20節清水戦以来のゴールを決めたい。もう一人が、元新潟の石川直樹。デンカスタジアムでの試合当日は、彼自身の誕生日だ。特別な日に、仙台を勝利に導く活躍を期待したい。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
関憲太郎
DF
菅井直樹
鎌田次郎
上本大海
石川直樹
MF
太田吉彰
富田晋伍
武井択也
梁勇基
FW
赤嶺真吾
武藤雄樹


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO