2014.08.22

【J1第21節予想スタメン 広島vsC大阪】降格圏に沈むC大阪、好材料多数で10試合ぶりの白星に期待

川崎戦で9試合ぶりの得点を挙げたフォルラン [写真]=Getty Images

■サンフレッチェ広島 佐藤ら主軸が練習に復帰、チーム状態は上向きか

 死者39人、行方不明者52人という悲惨な状況を生み出した災害は、広島の選手たちにとっても決して他人事ではない。クラブスタッフの家のすぐ近くが土砂災害の現場となっていたり、選手の家族が避難勧告を受けたり、知り合いの消防士が不眠不休で救助活動を続けていたり……。全広島が悲しみに沈んだ状況を受け、広島と広島選手会は義援金の募金を開始することとなった。

 この大雨災害によって20日の天皇杯は延期。鳥栖戦に続く公式戦の順延と大雨は、選手たちのコンディションにネガティブな要素しか残さない。肉体的には休めたかもしれないが、「集中と開放」が不規則に繰り返されるとメンタル面の調整が厳しい。4試合3得点と得点力不足に苦しんでいることに加えて石原直樹が負傷離脱したこともあり、しっかりとした練習が必要とされながら、それが難しい状況にある。

 ただ、コンディションの問題で戦列から外れていた佐藤寿人や塩谷司、林卓人が練習で結果を残し、復調の気配。ブレイク中の皆川佑介や宮原和也ら若者たちとの熾烈な競争の中で、チーム状況は上向きの気配にある。また、途中出場を続けてきたミキッチも先発起用が濃厚。青山敏弘や浅野拓磨の復帰はもう少し時間を要するが、戦える体勢は整ってきた。何よりも今は、多数の犠牲者を出した災害の現実を受け、「広島のために」という強い意識でチームは1つになっている。(totoONE編集部)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
増田卓也
DF
宮原和也
千葉和彦
水本裕貴
MF
ミキッチ
柴崎晃誠
森崎和幸
柏好文
森崎浩司
高萩洋次郎
FW
皆川佑介

■セレッソ大阪 プラス材料多数で低迷脱却の兆し

 前節の川崎戦では相手に思うように攻め込まれ、セットプレーも絡んで5失点を献上。しかしながら、5試合ぶりとなる得点が生まれただけでなく、南野拓実のリーグ戦今季初得点、ディエゴ・フォルランの9試合ぶりゴールなど、4得点を奪って最後まで食らいつけたことはチームにとってポジティブな材料と言えよう。

 特に約1年10カ月ぶりの公式戦復帰となった吉野峻光は、攻撃の起点となっただけでなく、敵陣でのプレスなどでも活躍。流れを変えることのできるジョーカー的役割に期待がかかる。

 そして、今節からは新たに加入したカカウの出場が濃厚。2種登録中の阪本将基も、C大阪U-18での欧州遠征を経て、再びトップチームに合流しており、フォルラン、永井龍、平野甲斐、杉本健勇らを含めて、攻撃陣の選手層は厚くなった。今節の広島戦では、累積警告により南野が出場停止になる中、マルコ・ペッツァイオリ監督の選手起用法に注目したい。

 20日の天皇杯3回戦では、18本のシュートを放ちながら決め手を欠いたが、それでも藤本康太の公式戦2戦連発弾となるヘッドで富山に辛勝。守備陣も得点を許さず、前回の反省点を修正して4回戦へと駒を進めた。内容より、結果が求められているC大阪。その勝ちの流れを、難敵の広島戦にもつなげていきたいものだ。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-2-3-1
GK
キム・ジンヒョン
DF
安藤淳
藤本康太
山下達也
丸橋祐介
MF
キム・ソンジュン
長谷川アーリアジャスール
平野甲斐
カカウ
ディエゴ・フォルラン
FW
永井龍

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る