2014.08.22

【J1第21節予想スタメン 新潟vs徳島】最下位に沈む徳島、リーグ戦再開直後の勢いを取り戻せるか

リーグ戦再開直後の戦いぶりを披露したい徳島 [写真]=Getty Images

■アルビレックス新潟 天皇杯は延長戦の末に逆転負け、中2日での回復具合はいかに

 20日に行われた天皇杯3回戦では、延長の末に長崎に逆転負け。心身ともにダメージは小さくなく、中2日でどこまで状態を回復させることができているか。

 長崎戦では失点の仕方に課題が残った。サイドで起点を作られ、2列目からの飛び出しを捕まえきれずに失点。第20節の大宮戦でも、散見された形だ。ラインコントロールを含め、修正が必要な部分と言える。

 その長崎戦に登録の関係で出場できなかった指宿洋史が、練習の中で着実にコンディションを上げてきている。195センチのフィジカルを最大限に生かす技術、駆け引き、戦術眼を備えたストライカーが、リーグ戦再開以降、停滞する攻撃を活性化させる切り札となるか。

 もう一人の切り札と期待されるラファエル・シルバは、先週のトレーニング中に左足に違和感を感じ、現在は別メニュー。デビューはもう少し先になりそうだ。

 再シャッフル状態のFW陣で存在感を増しているのが、ベテランMFの成岡翔だ。FWでも起用されているリーグ戦中断明けは2得点。長崎戦でもサイドハーフで先発し、ボランチ、FWとポジションを変えながらチーム全体に落ち着きを与えていた。

 また、長崎戦は田中亜土夢が直接FKから得点。第20節の大宮戦から2試合連続でセットプレーからゴールが生まれている。チームは上昇機運をつかもうと、様々なチャレンジを続けている。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
松原健
舞行龍ジェームズ
大井健太郎
大野和成
MF
山本康裕
レオ・シルバ
小林裕紀
田中亜土夢
FW
指宿洋史
岡本英也

■徳島ヴォルティス 天皇杯で主力温存で選手のコンディション面は良好

 天皇杯、リーグ戦とアウェー連戦でタイトなスケジュール。しかし、天皇杯3回戦のG大阪戦には、新加入選手が登録上出場できない理由もあってフレッシュな選手たちで試合に挑んでおり、今節の新潟戦に出場濃厚なメンバーのコンディションに関しては良い状態と言える。しかし、残念ながら前節の横浜M戦では0-3と完敗。修正に時間をかけたいところだが、連戦や移動を考えると、十分な練習時間を取る余裕はないだろう。

 今季、新潟との対戦成績は2戦2敗。2連敗中と分は悪いものの、リーグ戦第9節では1-2と敗れながら、終了間際に1点差に追いつき、逆転の可能性も十分に感じさせた。ここ2試合は結果から遠ざかっているものの、リーグ戦再開後の好調な戦いぶりを発揮することができれば、敵地での勝ち点3も見えてくるはずだ。更に、横浜FM戦ではエステバンがスタメンで90分間の出場、アドリアーノが途中出場ながら45分間の出場と新加入選手が公式戦に名を連ね始めた。加入して間もない2人ではあるが、フィットすれば強力な助っ人となることは言うまでもない。

 J1残留に向けて無駄にできる試合は1つもない。アウェーとはいえ勝ち点3を取りにいく積極的な戦いが予想される。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
長谷川徹
DF
村松大輔
福元洋平
藤原広太朗
MF
大崎淳矢
斉藤大介
エステバン
アレックス
濱田武
衛藤裕
FW
高崎寛之

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る