2014.08.15

【J1第20節予想スタメン 川崎vsC大阪】前節で浦和撃破の川崎、連勝で首位奪取を狙う…C大阪は山口の戦線離脱が大きな痛手に

レナト(右)の復調は川崎にとって大きなプラス材料 [写真]=清原茂樹

■川崎フロンターレ レナトの復調は好材料、連勝で首位奪取を狙う

 トップとの勝ち点差はわずかに1。今節の結果次第では、首位に躍り出る可能性もあるだけに、「前節の浦和戦以上に大事な試合になる」と中村憲剛は言い切った。C大阪は低迷中とはいえ、中断明けの対戦ではプレスで圧倒された苦い記憶もある。油断はなく、気を引きしめて臨む構えだ。

 先発の顔ぶれは変わらない。U-21代表合宿から全体練習に合流した大島僚太も出場の予定である。前節に採用した3バックは今節も継続する見込みだ。焦点は「3」か「4」かの二者択一ではなく、両者の併用にあると言えるだろう。小宮山尊信、谷口彰悟、實藤友紀の3バックで開始しても、登里享平を左サイドバックに転換し、小宮山を右サイドバックに配置した4バックと、メンバー変更をせずにシステムを変えて戦うことができるからである。いずれにせよ、C大阪のプレスをかいくぐってゴールを奪うことが狙いだ。

 得点を奪うという意味で、前線のタレントがゴールを挙げたことは明るい材料だ。3トップになった前節は、大久保嘉人とレナトが揃ってゴール。特に、これまで今季1得点だったレナトの復調は心強い限りだ。「先週からコンディションが上がってきた」と風間八宏監督が評したように、同点弾だけでなく、力強い突破で決勝弾の起点になるなど復活を印象付けた。3バックの布陣では、左サイドの登里、小宮山の連係でレナトを生かす局面も作り出せており、さらなる期待ができそうだ。連勝で首位奪取といきたい。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
3-4-3
GK
杉山力裕
DF
實藤友紀
谷口彰悟
小宮山尊信
MF
森谷賢太郎
大島僚太
中村憲剛
登里享平
FW
小林悠
大久保嘉人
レナト

■セレッソ大阪 山口の離脱は大きな痛手、若手選手の活躍に期待がかかる

 前節は長谷川アーリアジャスールが先発復帰した4-2-3-1のフォーメーションで、攻守のバランスが改善。ただ、守備は安定した一方で、ゴールが遠く、4試合連続無得点。ディエゴ・フォルランも8戦連続ゴールなしとなっただけでなく、これでチームとしても2006年シーズン以来の8戦勝ち星なし(※2006年当時は、12試合連続勝ちなし)。加えて、山口蛍がF東京戦で右ひざを痛め、全治6週間との診断を受けた。チームの大黒柱が大事な時期に戦線離脱を強いられてしまっただけに、ここからはチームの総力が問われる。

 一方で、今夏の補強として、11日には元ドイツ代表FWカカウの加入が発表されたが、14日に来日したばかりということもあり、出場は次節以降の見込み。だからこそ、南野拓実、杉本健勇、永井龍ら若き生え抜き攻撃陣をはじめ、現有戦力には大きな期待がかかる。

 川崎には、中断明けに行われたホームでの第12節で敗れはしたが、前半は迫力ある攻撃で何度も攻め立てていただけに、前回対戦の良かった部分を今回も発揮したい。特に注目は、古巣対決となる楠神順平。「ひとつ勝てば、だいぶ変わってくると思う。集中して、みんなでひとつになって、しっかり勝ち切りたい」という桜色の11番を筆頭に、イレブンは低迷脱却へ、勝利への闘志を燃やしている。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-2-3-1
GK
キム・ジンヒョン
DF
安藤淳
藤本康太
山下達也
丸橋祐介
MF
キム・ソンジュン
長谷川アーリアジャスール
平野甲斐
南野拓実
楠神順平
FW
ディエゴ・フォルラン

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る