2014.08.01

【J1第18節予想スタメン 徳島vs甲府】残留に向けて後がない徳島、強力助っ人獲得で後半戦巻き返しを狙う

徳島はJ1残留に向けてアドリアーノ(左)とエステバン(右)を獲得 [写真]=Getty Images

■徳島ヴォルティス 残留に向けて強力助っ人が加入、後半戦巻き返しを狙う

 前節の大宮戦では、立ち上がりこそ危ない場面があったものの、結果は3-1と快勝。特に、高崎寛之が2得点を挙げる活躍を見せ、ポストプレーだけでなくストライカーとして結果を残した。さらに、今季2勝目となった前節は、リーグ戦において今季初となる複数得点をマーク。今後の戦いに向けて勢いを感じさせる結果となった。また、この結果は突発的なものではない。リーグ戦再開後は、名古屋と1-1で引き分け、敗れた浦和戦でも中断期間中の成果を存分に発揮した。勢いそのままに、勝利をもぎ取ったのが大宮戦だった。

 さらに勢いを増したい徳島は今節、第10節でJ1リーグ戦初勝利を挙げた甲府をホームに迎える。ナビスコ杯第4節で1-4と大敗を喫しているだけに、単純な比較はできないものの、ホーム戦初勝利というモチベーションも後押しして、いつも以上に良いパフォーマンスが発揮されることも予想される。

 そして、この2週間ではエステバン、アドリアーノという強力助っ人の補強にも成功。アドリアーノは今節の登録には間に合わなかったが、チーム力の底上げにつながることは間違いない。これまで以上に小林伸二監督の采配やベンチワークに注目したい。

 今節で勝利すれば勝ち点は2桁となり、勢いはさらに加速するだろう。リーグディビジョンこそ異なるとはいえ、J1昇格を果たした昨季も快進撃を始めたのは後半戦に入ってからだ。昨季と同様に後半戦の“台風の目”になるべく、まずは目前の甲府戦に向かう。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
長谷川徹
DF
村松大輔
福元洋平
藤原広太朗
MF
大崎淳矢
斉藤大介
濱田武
アレックス
佐々木一輝
衛藤裕
FW
高崎寛之

■ヴァンフォーレ甲府 得点力不足に課題、攻撃陣の奮起に期待が懸かる

 前節の広島戦は結果こそ引き分けに終わったが、内容的には収穫のある一戦だった。城福浩監督が「アグレッシブな姿勢を見せられた」と評価するように、甲府は前からボールを追い回し、“良い守備から良い攻撃”というサッカーの鉄則を実行。33分に石原克哉が退場したことにより試合の大半を10人で戦うことになったが、85分まで広島を零封する堅さを見せた。

「この前の試合で30分間しか見せられなかったサッカーを、90分間見せる」と城福監督が意気込むように、広島戦で出せたものを徳島戦でも発揮することがチームの基本線となる。

 とはいえ、甲府は中断明け後の3試合で1得点と、攻撃面の迫力不足が否めない。夏の獲得選手は阿部拓馬のみで、有力外国人選手を獲得しているライバルクラブに比べて見劣りする。さらに今節の相手である徳島は、前回対戦で0-1と敗れた相手。シュート数は「19対2」と圧倒しながらの敗戦だった。堅守速攻をベースとする甲府にとって、同じく守りにウエイトを置く徳島は、戦い辛い相手でもあるだろう。

 しかし、攻撃陣を見るとクリスティアーノがキレのある動きを見せており、広島戦では見事なゴールを決めた。新加入の阿部拓も今節は先発出場が濃厚。阿部拓は2011年、2012年とJ2の得点ランク2位に入った実力の持ち主でもある。相手の守備が揃っているところから敢えて仕掛ける姿勢、そしてそれを実践する強さと繊細さを併せ持つ同選手の起用は、攻撃の幅を大きく広げるはずだ。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
荻晃太
DF
青山直晃
山本英臣
佐々木翔
MF
稲垣祥
新井涼平
マルキーニョス・パラナ
阿部翔平
ジウシーニョ
阿部拓馬
FW
クリスティアーノ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る