2014.08.01

【J1第18節予想スタメン 柏vs川崎】好調を持続する3位川崎、“難敵”柏を下して5連勝なるか

第17節は森谷(左)の得点で新潟を下し、4連勝を飾った川崎 [写真]=Getty Images

■柏レイソル チームに漂う停滞感、大幅な選手変更の可能性も

 柏は連敗を喫しただけでなく、2試合で8失点を献上し、リーグ中断前の強みだった堅守は見る影もなく崩壊している。前節の清水戦では、守備の稚拙なミスから失点を重ね、そこに中断明けから導入した新システムの特性を発揮しきれない点も重なった。現在のチームは停滞感に捉われている。

 この守備崩壊を立て直すために、やはり守備陣の柱である近藤直也の復帰が待たれるが、残念ながら今節も欠場が濃厚。加えて、田中順也の後釜として活躍が期待されていた狩野健太までも、川崎戦を欠場する可能性が高く、柏にとっては悪い流れが続く。

 連敗、大量失点、頻発するミスなどが選手の自信を失わせているが、その反面、これまでサブに甘んじていた選手のモチベーションが非常に高い。秋野央樹、木村裕、小林祐介の若手3人は、「こういう時こそ若手が盛り上げていく」と語り、虎視眈々とスタメンの座を狙っている。また、栗澤僚一や藤田優人のようなチーム内で屈強なメンタリティーを持つ選手からも、「練習から気持ちを入れてやっていかなければいけない」と、現状を是が非でも変えたいという意気込みが感じられる。

 状況が状況なだけに、ネルシーニョ監督が大幅に選手を入れ替える可能性もある。そもそも調子が悪ければメンバーから外し、良ければ躊躇なく起用するのが同監督。新たに入る選手がモチベーションの高さ、気持ちの強さを発揮してチームを活性化させることによって、悪い流れからの脱却を目指したい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 菅野孝憲
DF
4 鈴木大輔
5 増嶋竜也
22 橋本和
MF
2 藤田優人
28 栗澤僚一
7 大谷秀和
13 高山薫
9 工藤壮人
17 秋野央樹
FW
11 レアンドロ

■川崎フロンターレ “勝利の方程式”に持ち込むカギは先取点にあり

「どうやって俺らを抑えてくるのか。そしてそれをどう打開するのか。今はそれが楽しみだね」

 これは前節終了後の中村憲剛の言葉である。直近の2試合は、前線からの激しいプレッシングで攻撃のリズムを封じようとしてくる鳥栖や新潟に、ボールを握り倒すスタイルを貫いて競り勝つことができた。そして、その事実が現在のチームの自信となっている。

 だが、今節の柏は要注意だ。相手の持ち味を消す術に長けており、前回の対戦時にも入念な対策を練られ、ビルドアップの場面で苦戦を強いられた。今節もパスワークの生命線である中村と大島僚太のダブルボランチ、センターバックの谷口彰悟の関係を巧みに遮断してくるはず。「パターンではない。相手の逆を突くことが大事」と話す風間八宏監督の言葉どおり、局面で打開できるかどうかがポイントになりそうだ。

 相手の対策に屈せず、ボールを保持して柏を動かし続けることができれば、動きが落ちたところでレナトを投入して仕留めるという“勝利の方程式”に持ち込むだけ。そのためには先行を許す展開を避けなくてはならない。過去の対戦で相性が良いとは言い難い日立台での一戦だけに、試合の入り方には特に気をつけたい。

 約1週間のインターバルが空いたことで、チームコンディションは心身ともに良好。負傷者も続々と復帰しているが、先発メンバーに変更はない模様。次節に浦和との大一番を控えているだけに、勝ち点3を手にして勢いに乗りたいところだ。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-4-2
GK
杉山力裕
DF
小宮山尊信
實藤友紀
谷口彰悟
登里享平
MF
森谷賢太郎
大島僚太
中村憲剛
金久保順
FW
小林悠
大久保嘉人

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る