2014.05.16

【J1第14節予想スタメン 鳥栖vs大宮】首位の鳥栖、代表落選の豊田は「タイトルを獲る」と切り替え

豊田陽平
代表落選も気持ちを切り替える豊田陽平 [写真]=Getty Images

サガン鳥栖 首位をキープして中断期間に入れるか



 前節は横浜FMに勝利し、リーグ戦3連勝。2週間で5試合を戦う過密日程を4勝1敗で乗りきり、首位をキープしている。過酷な条件での連戦で結果を残したことで、選手たちも手応えを感じており、チームとしての自信を深めている。また、横浜FM戦でキム・ミヌ池田圭といった2列目の選手たちが得点を挙げており、エース豊田陽平のマークが厳しくなっていく中で、逆にそこを囮に使うようなバリエーションも増えている。攻撃陣は好調を維持していると言っていいだろう。

 リーグ戦中断前、最後の試合は大宮をホームに迎えるが、前節に脚を痛めた林彰洋の出場が不透明となっており、欠場となれば大きな痛手になる。また、5バック気味に守る大宮の布陣に対して、鳥栖がポゼッションすることも想定される。縦に速いサッカーを志向する鳥栖にとっては、ポゼッションを強いられ、不用意な失い方からカウンターを浴びる展開は避けたいところ。そういう展開になってしまえば、苦戦は免れないだろう。また、ここ2試合はリードした展開で防戦一方になってしまうことが多く、戦い方に工夫が欲しい。その点は改善しなければいけない課題だ。

12日に発表されたW杯日本代表メンバーから豊田は落選したが、本人は「鳥栖で必ずタイトルを取りたい」と気持ちを切り替えている。首位を走るチームにあって、さらなる活躍を期待したいところだ。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
33 林彰洋
DF
15 丹羽竜平
2 キム・ミンヒョク
20 ヨ・ソンヘ
13 安田理大
MF
28 高橋義希
14 藤田直之
8 水沼宏太
22 池田圭
10 キム・ミヌ
FW
11 豊田陽平

大宮アルディージャ 新システムに徐々に対応、攻守の切り替えが課題

 前節の“さいたまダービー”では、大宮らしさを出せずに0-2で完敗。現在はリーグ戦17位に沈んでおり、早急にチームの立て直しを図らないと「降格」の二文字が見えてくる。今の大宮にとって救いは、鳥栖戦後に7月までリーグ戦がないこと。まず、中断期間最後のアウェイ鳥栖戦で何がなんでも勝ち点を持ち帰りたい。

 シーズン序盤の4-5-1や4-4-2の4バックでの戦い方から、最近は3-4-2-1の3バックという新しいシステムを使用。「慣れてきている」と選手たちは新システムに対応してきてはいるものの、「前に人数を掛ける場面が少なく、ボールを奪いやすい」とDF福田俊介は話す。紅白戦で相手役の最終ラインに入ることの多い福田の意見は、対戦相手のDFが感じていることに近い。攻守の切り替えの部分でも、いまだスムーズにいくことが少なく、時間が掛かる印象は拭いきれない。浦和戦の失点シーンでも、ボールをマイボールにした直後の切り替えを狙われた。現在攻撃をけん引している家長昭博も、「ボールを取った瞬間がポイント」と話しており、攻撃へ切り替わるところが得失点の大きな分岐点になりそうだ。

 もう一つ、マイボールにした際の問題は、自陣深くに多くの選手が戻っているため、前線でボールをキープし仲間の上がりを待つ選手が少ないこと。いくら家長でも、DF3人に囲まれるさすがに厳しい。得点を挙げるためにチーム全体が自陣深くに押し込まれないような対策が必要だ。そして、あえて言うなら、「何がなんでも勝ち点を取る」という選手の必死さ、覚悟のようなものをもっと感じたい。実はこれが今の大宮にとって一番必要なものではないだろうか。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 江角浩司
DF
34 片岡洋介
2 菊地光将
17 高橋祥平
MF
10 渡邉大剛
38 増田誓志
18 横山知伸
14 中村北斗
41 家長昭博
28 富山貴光
FW
20 ラドンチッチ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
横浜FM
30pt
川崎F
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
39pt
大宮
35pt
水戸
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
26pt
北九州
25pt
讃岐
22pt
Jリーグ順位をもっと見る