FOLLOW US

不発に終わったC大阪の南野拓実「結果で示せず、すごい残念」

競り合う南野拓実(中央) [写真]=三浦誠

 J1第8節が19日に行なわれ、セレッソ大阪はアウェーでFC東京と対戦し、0-2で敗れた。

 フル出場した南野拓実は、以下のように試合を振り返った。

―連戦の疲れはあったりしたか?
「いや、僕はないです」

―試合前にサポーターから大きなエールが送られていたが、何か思うことはあったか?
「前の試合(ACL)で退場していたんで、その分今日はそういう気持ちをぶつけたかったんですけど、それを結果で示すことができなくてすごい残念ですね」

―自身のプレーを振り返ってみると?
「前半は結構やりやすかったんですけど、後半に失点してからバタバタして自分たちの攻撃ができなくて、2点目を取られて。試合運びとか自分たちのやりたいことを相手にやられたかなと思います」

―ドリブルでゴール前に切れ込んでシュートという形を見せていたと思うが、自身の調子は?
「前半は良い形でサイドチェンジが来て、前向きに仕掛けられる場面がいくつかあったし、でも、それをきっちりと決めなかったので、そういうところは高めていかなければいけないと思います。後半はやっぱりそういう形がチームとしても少なくなってというのが、今後の課題というか。失点した後も焦らずにしっかり繋いでゴール前まで運んでいくということは課題なんじゃないかなと感じました」

―後半繋げなくなったのは自分たちに問題があるのか、相手が修正してきたからか?
「自分たちにあると思うし、前半は繋げてゴール前で遅攻になってもシュートまで行ける場面もあったし、後半にちょっと焦って入れ込むシーンもあったし、ゴール前にボールが行った時に前の選手の動きが止まって、ちょっと詰まる感じが自分的にも感じていたので、そういうところはもうちょっと連動して続けて動いていかないとと思いますし、そういう中で自分がもっとボールに関わって前向きにプレーすることが必要だと思います」

―ワールドカップに向けてアピールしないといけない段階で、なかなか点が取れていないが?
「それは自分の実力ですし、あんまり焦りとかはないですけど、自分のやれることを100パーセントやれればいいかなと思います」

―前半は上手く回しながらチャンスを作っていて、やりながらそんなに悪い感じはしなかった?
「そうですね。やっぱり失点してからバタバタしてというところが出て、やっぱりそういうところが今の自分たちの課題ですし、そこでも前半のサッカーを続けつつ、最後のところでもうひとつ質を上げる必要があると思います」

―多少丁寧に繋げることが今年のやり方?
「はい。今日とかだったら、自分的にはシュートは打てたんですが、ゴールは遠かったので。そこでもうひとつ工夫というか、みんなでゴールに近づけるように。去年はそれができていたと思うし、そこでやっぱり単発になっているところがあると思うので、そういうところは改善していくべきだと思います」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA