2014.04.18

【J1第8節直前情報 鹿島vs神戸】注目度抜群の上位対決、神戸戦勝率約67%を誇る鹿島が優位か

今季リーグ戦で2位につける鹿島 [写真]=白井誠二

■鹿島アントラーズ 神戸とはリーグ戦負けなしと相性面での不安はなし

 首位から陥落した鹿島は3位神戸との上位対決に臨む。次節には現在首位の広島との対戦が控えており、この2試合での結果が今後に大きく響いてくるはず。ライバルたちを一気に引き離すチャンスとも言えるだろう。

 対戦相手の神戸とはリーグ戦6試合負けなしと相性が良い。通算成績も20勝5分5敗と、約67%という高い勝率を誇っている。しかし、神戸はペドロ・ジュニオールやマルキーニョスという今季補強した外国籍選手が、突出した個の力を発揮しているだけに、過去の対戦成績はあまり参考にならないかもしれない。まずはペドロ・ジュニオールの突進を、左サイドの選手がしっかりと抑える必要があるだろう。

 とはいえ、守備と連動した攻撃は好調だ。G大阪戦で左足甲を痛めたダヴィが復帰。ボールを奪ってからダヴィをターゲットにした、パワフルで縦に速い攻撃が神戸守備陣を襲うだろう。左MFにも速さを武器とするジャイールが起用されそうだ。

 また、鹿島はこの試合でどうしても負けられない理由がある。今月15日、1993年のカシマスタジアム開幕からずっとスタジアムDJを務めていたダニー石尾さんが逝去された。チームは献花台や黙祷、喪章の着用などを行い故人を悼む予定だが、ホームゲームには欠かせない存在だっただけに、勝ち星を贈りたいのは間違いない。一致団結して戦うことになるだろう。(田中滋)

■鹿島予想スタメン
4-2-3-1
GK
21 曽ヶ端準
DF
24 伊東幸敏
5 青木剛
15 昌子源
16 山本脩斗
MF
20 柴崎岳
40 小笠原満男
25 遠藤康
28 土居聖真
7 ジャイール
FW
11 ダヴィ

■ヴィッセル神戸 鹿島撃破で首位浮上を狙う

 リーグ戦3連勝、3試合連続3ゴール、そして2試合連続無失点と、攻守ともに結果を出して3位につける神戸。今節は2位鹿島との上位対決に挑む。勝てば一気に首位に立つ可能性もあり、モチベーションは高いだろう。

 確かに、ミッドウィークに行われたナビスコ杯での0-3という完敗はショックなものだった。また、今季のチームの核となっているシンプリシオが、試合終盤で負傷し、自ら続行不可能の意思表示をしたことも気になる要素。

 それでも、前節の徳島戦で、三浦知良に並ぶJ1通算139得点を記録したマルキーニョスをはじめ、攻撃陣は好調。また、岩波拓也、高橋峻希といった守備での貢献度の高い選手は、ナビスコ杯では温存される形となっただけに、彼ら若手の活躍にも期待が集まる。

 カシマスタジアムでは、リーグ戦1勝3分11敗と圧倒的に相性が悪く、その1勝も1999年までさかのぼらなければいけないものだが、時代を変えるためにも、今季の神戸が生まれ変わったチームであることを証明するためにも、ここで勝って流れをつかみたいところだ。以前、ナビスコ杯G大阪戦で敗北後、J1リーグ戦でも敵地で名古屋に敗れるなど、一時は悪い流れになりかけた。今回はその二の舞となることだけは絶対に避けたいところだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-2-3-1
GK
22 山本海人
DF
25 奥井諒
19 岩波拓也
14 増川隆洋
2 高橋峻希
MF
27 橋本英郎
16 チョン・ウヨン
7 ペドロ・ジュニオール
10 森岡亮太
13 小川慶治朗
FW
18 マルキーニョス

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る