2014.04.11

【J1第7節直前情報 横浜FMvs仙台】横浜FM戦に臨む仙台、指揮官交代が生む好材料とは

アーノルド
降格圏の17位に沈む仙台はアーノルド監督(写真)の退任を発表。新体制で横浜FM戦に臨む [写真]=Getty Images

■横浜F・マリノス “難敵”仙台から4年ぶりの白星なるか

 開幕3連勝を飾りながら、ここ3試合勝ち星がない横浜FM。2010年8月の勝利を最後に、リーグ戦4分3敗と相性が非常に悪い仙台を本拠地に迎える。

 前節新潟戦はスコアレスドローで連敗を2で止めた。得点こそ奪えなかったが、第4節甲府戦(●0-1)、第5節の鹿島戦(●1-3)とは異なり、昨季の躍進を支えた堅守でしぶとく勝ち点1を積み上げた。「内容は確実に上向いている。少しですけど、クオリティーが戻ってきた」と小林祐三。再び持ち直してきたチームにとって、グラハム・アーノルド監督が解任された直後で不安定さが残る仙台との一戦は、4年ぶりの白星を挙げるチャンスだ。

 今週は崩しの連係やシュート練習に多くの時間を割くなど、再び始まる過密日程を見据えたトレーニングが目立った。守備面でもしっかりとブロックを敷いて、ボールを追い込んでいく方法を確認。「連戦だと、なかなかできないことをした」と樋口靖洋監督。体調管理を含めた充実の時間を過ごしている。

 一方、開幕3連勝に貢献した藤本淳吾は、再びベンチから外れることが濃厚に。また、日本代表候補合宿に参加した齋藤学も疲れ気味。左ふくらはぎ痛から復帰したばかりで体調面に不安を残すが、齋藤は「ワールドカップは、マリノスでどれだけ結果を残せるかが大事になってくる」と弱音を吐かない。苦手とする相手からゴールを奪い、4試合ぶりの勝利をもたらすことができるか。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
23 下平匠
MF
8 中町公祐
6 小椋祥平
7 兵藤慎剛
10 中村俊輔
11 齋藤学
FW
16 伊藤翔

■ベガルタ仙台 指揮官交代の荒療治は奏功するか

 J1第6節を終えて2分6敗。開幕以来未勝利という事態を受け、仙台は監督交代という荒療治に出た。志半ばで退任したグラハム・アーノルド前監督の後を継いだのは、ヘッドコーチから昇格した渡邉晋監督だ。

 選手時代を含め、仙台在籍14年目を迎える渡邉監督は、2月にS級ライセンスを取得したばかりであり、手腕は未知数である。加えて、監督交代から3日で強敵横浜FM戦を迎えるということもあって、状況は厳しい。経験豊富な柳沢敦が前節に負傷して戦線を離脱したことも、この苦境にあっては痛い。攻守両面に課題を抱える仙台にとって、攻め手を一つ欠くことのダメージは大きいだろう。

 その一方で、渡邉監督は自らの経験の浅さを自覚しつつ、「このチームのことを誰よりも理解しているという自負はある」と強い気持ちで初陣に挑む。コーチ時代に指導を受けた選手の多い仙台では、選手たちの“兄貴分”とでもいうべき渡邉監督の人心掌握能力に期待が掛かる。監督交代というショック療法の効果が、プラス方向に作用することを期待したい。わずかな準備期間の中で、新監督は戦術面、心理面の二つの効果を期待して昨季までのトレーニングメニューを復活させ、「好調時のイメージを思い出してメンタルを整えるとともに、相手に脅威を与えるカウンターを取り戻したい」と考える。その成果を、今季初勝利という形で表すことが、仙台には求められている。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
21 関憲太郎
DF
25 菅井直樹
3 渡辺広大
2 鎌田次郎
5 石川直樹
MF
11 太田吉彰
17 富田晋伍
6 角田誠
10 梁勇基
FW
24 赤嶺真吾
18 ウイルソン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る