2014.04.04

【J1第6節展望&予想スタメン】甲府vs清水 相性面で清水優位、リーグ戦で甲府に負けなし

長沢駿
公式戦4試合連続得点中の長沢 [写真]=Getty Images

■ヴァンフォーレ甲府 セットプレー時の守備に課題

 過去の結果を見れば、甲府は清水に対して圧倒的に分が悪い。リーグ戦の通算成績は1分7敗――。2得点、17失点という惨憺たるものだ。昨年の2試合も甲府にとっては「勝ち点6を取れたかもしれない」(城福浩監督)という互角の内容だったが、結果は2連敗。清水は“甲府が2013シーズンのリーグ戦で勝ち点を全く取れなかった唯一のクラブ”だ。

 とはいえ今季の甲府は“降格圏内”という大多数の予想を覆すスタートを切っている。ナビスコ杯を含めた直近の公式戦6試合は2勝4分と無敗だ。

 “点を取られないけれど、取れない”という傾向は昨季から続いており、第2節のFC東京戦以降の6試合は1-0、1-1、0-0とすべてロースコアゲーム。堅守はプラス材料だし、新外国人クリスティアーノを中心とした連携にもいい兆候はあるが、2点以上を取って勝ち切れていないところはマイナス材料だ。

 甲府が今季の公式戦で喫した失点は「8」。そのうち「7」がセットプレー絡みだ。2日のナビスコ杯柏戦は「すごく集中していた」(山本英臣)という最初のセットプレーで失点してしまった。意識し過ぎたことで選手の位置取りがゴールラインに寄り過ぎ、セカンドボールからフリーでシュートを打たれてしまったからだ。とはいえ、流れの中では1失点という守備は極めて堅く、逆に言えばセットプレーの守備を修正さえできれば、不調の清水を相手に“歴史的初勝利”を挙げることも可能だろう。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
1 荻晃太
DF
26 青山直晃
4 山本英臣
6 佐々木翔
MF
2 福田健介
8 新井涼平
5 マルキーニョス・パラナ
27 阿部翔平
11 ジウシーニョ
10 クリスティアーノ
FW
19 盛田剛平

■清水エスパルス 甲府との相性は抜群、リーグ戦負けなしを維持

 直近のナビスコ杯で決勝ゴールを決めた長沢駿は現在公式戦4試合連続ゴール中。また、そのゴールも191cmの身長を武器にした頭だけでなく、右足、利き足でない左足とバランスよく決めており、勢いは本物だ。チームとしても、ここ最近は長沢のゴールで先制しながら勝てない試合が続いていたが、ナビスコ杯G大阪戦は耐えて無失点試合に。ヤコヴィッチなど、新しいディフェンスラインはアフシン・ゴトビ監督の期待に応えた。このように、公式戦3試合ぶりの勝利は清水にとって価値のあるものになった。
ただ、勝てたとはいえ、内容は完全に支配されていた。後半は相手のシュート数が11本に対して、清水は1本。後半、体力が落ちてからの時間帯には不安要素が残ったままだ。交代策もこれまで効果的な場面は少なく、終盤の試合展開が勝負を分ける可能性もある。

 それでも、甲府との相性は抜群。これまでリーグ戦7勝1分と無敗である。失点も、前回対戦時のパトリックのゴールと、2011年のパウリーニョに決められたゴールの2つのみ。清水にとってまさに“お得意様”と言っていいだろう。

 清水としては今季、公式戦の連勝はなく、勝利したあとの勢いをなかなか生かせないもどかしさがある。その悪い流れを、今季初の連勝で吹き飛ばしたいところだ。磐田の降格で、ダービはこの“富士山ダービー”のみとなったが、4月のリーグ戦最初の試合は熱い試合になるはずだ。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 櫛引政敏
DF
19 ヤコヴィッチ
3 平岡康裕
4 カルフィン・ヨン・ア・ピン
28 吉田豊
MF
20 竹内涼
16 六平光成
17 河井陽介
18 ノヴァコヴィッチ
10 大前元紀
FW
9 長沢駿

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る