2014.03.30

首位維持した鹿島の小笠原「勘違いはいけない。僕らは王者でない」

兵藤慎剛(左)と競り合う小笠原満男(右) [写真]=兼子愼一郎

 J1第5節が29日に行なわれ、首位の鹿島アントラーズと3位の横浜F・マリノスが対戦した。

 上位対決は、ホームの横浜FMが前半終了間際の42分に、セットプレーから栗原勇蔵の得点で先制した。1点差で後半を迎えると、追いかける鹿島が反撃を見せた。54分に土居聖真がドリブル突破から同点ゴールをマーク。80分には、途中出場していた野沢拓也がボレーシュートを突き刺し、逆転に成功した。試合終了間際の87分にも、柴崎岳が3点目を挙げて横浜FMを突き放した鹿島が、3-1と逆転勝利を収めた。

 主将としてフル出場した鹿島の小笠原満男は、アウェーでの上位対決の勝利にも、「もっとすっきり勝たないといけないし、勝ったのは良かったですけど、もうちょっと内容を見ていきたいと思います」とコメント。「こちらが良かったわけではなく、相手がバランスを崩しただけなので」と、逆転劇にも気を引き締める言葉を続けた。

「点数がいっぱい入ればいいわけではないので、もう少し内容を見ていかないと長いシーズンは勝っていけない。勘違いしてはいけないし、僕らはチャンピオンでも何でもないので。もっとやるべきことをしっかり見据えてやっていかないと、勝っていけないかなと思います」

 鹿島は第5節を終えて、4勝1敗の勝ち点12。2位のセレッソ大阪に勝ち点2差をつけ、首位を守っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る