2014.03.20

【J1第4節展望&予想スタメン】徳島vs柏 昨季ナビスコ杯王者に徳島がJ1初勝利を目指す

開幕戦ぶりのゴールを目指す工藤 [写真]=Getty Images

徳島ヴォルティス 未だ勝ち星なしの徳島、2トップが功を奏するか

 開幕後、リーグ戦3連敗中。平均失点数3以上、無得点と「堅守速攻」を掲げる徳島にとっては攻守においてプラン通りの試合運びができていない。第2節C大阪戦の後半には守備が安定し、中盤でボールを回せたことでチャンスを作ることができた。しかし、同じ守備陣で挑んだ前節の横浜FM戦では、前線から早いプレスを受け、中盤が前を向いてプレーできなかった。結果として自陣で守備をせざるを得ない時間が続き、90分を通して苦しい展開となった。しかし、FWを高崎寛之、クレイトン・ドミンゲスの2トップに変更し、今後に期待できる形も見ることができた。高崎は高さで競り勝ち、周りのサポートさえあれば、攻撃へ転じるシーンをもっと増やすことができた。クレイトン・ドミンゲスはボールを足元で収め、ドリブルで持ち運び、今まで無かった攻撃パターンを作ることができた。

 今節も厳しい戦いになることは避けられそうにないが、対する柏も未勝利と完全に仕上がってはいない。ナビスコ杯を挟むタイトなスケジュールだが、横浜FM戦に出場したメンバーを温存し、悪くないコンディションで挑めそうだ。連敗続きと苦しい状況だが、今節はJ1参戦後、リーグ戦として2度目のホームゲーム。多くのファン・サポーターが詰めかける中、同じことを繰り返すわけにはいかない。フィニッシュで終わる形を増やすことができれば、守備の負担は減り、得点のチャンスも生まれるはずだ。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
4-4-2
GK
1 松井謙弥
DF
3 アレックス
26 橋内優也
5 千代反田充
2 福元洋平
MF
17 衛藤裕
14 濱田武
16 斉藤大介
20 大崎淳矢
FW
13 高崎寛之
10 クレイトン・ドミンゲス

柏レイソル レアンドロ・ドミンゲス不在の影響は

 ここまでリーグ戦3試合を終えていまだ勝ち星なしの柏。ただ、水曜日のナビスコカップでは勝利を挙げ、見せ場の少ない試合となった前節の悪い流れを断ち切ることができた。連続で失点を喫しているとはいえ、GK菅野孝憲を中心に守備陣には安定感があり、3バックに戻すことでより守備力には厚みが加わった。また、フィジカルコンタクトに長け、球際の争いに強く中盤でボールを奪えるハン・グギョンが、その実力を徐々に発揮し始めており、チームとして比較的高い位置でボールを奪うシーンが増えている。

 しかし、守備の好調とは対照的に、攻撃陣には物足りなさが残る。開幕戦では工藤壮人レアンドロレアンドロ・ドミンゲスの3人で素晴らしい崩しを見せたが、前節は攻撃陣が前線に張り付いてしまい、全く機能していなかった。柏にとってさらに痛いのは、攻撃の核であるレアンドロ・ドミンゲスの欠場が濃厚であるということだ。水曜日のナビスコ杯を回避してリーグ戦に照準を合わせて調整中という可能性もあるが、“キング”を欠けば柏の攻撃力ダウンは否めない。システムもキャンプで取り組んできた3バックを4バックに戻したかと思えば、ここに来てまた3バックに戻している。今節も3バックで臨む可能性が高いが、どちらが最適のシステムかは、まだ見えてこないというのが現状だ。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 菅野孝憲
DF
4 鈴木大輔
3 近藤直也
23 渡部博文
MF
8 ハン・グギョン
7 大谷秀和
13 高山薫
22 橋本和
9 工藤壮人
18 田中順也
FW
11 レアンドロ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る