2014.03.14

【J1第3節展望&予想スタメン】鳥栖vs鹿島 連勝同士の首位対決、3連勝はどちらの手に

3試合連続ゴールを狙う豊田 [写真]=Getty Images

■サガン鳥栖 エースFW豊田3戦連発なるか

 開幕から無失点での2連勝を飾り、チームは絶好のスタートを切った。前節、浦和戦ではエース豊田陽平が決勝点を奪い、開幕から2戦連発と好調を維持しているのは明るい材料だ。また、過去2試合を戦い、合計で10失点を喫していた鬼門とも言うべき埼玉スタジアムで挙げた勝ち点3に選手たちは自信を深めている。勢いをより増すという意味でも浦和からの勝利は大きなものになっている。

 チームとして大きな不安材料は見当たらないが、播戸竜二が依然、別メニューでの調整が続いており、前節に続いて欠場が濃厚。FWの控えの層が薄くなっているのは気掛かりな点だ。また、選手たちが口々にしているのは慢心について。好スタートを切ったからこそ精神的な隙が生まれかねない。精神面での準備の難しさは少なからず出てくるだろう。また、浦和戦では耐える展開だったとはいえ、奪ったあとのパスの正確性を欠き、それが守勢に回る要因となってしまった。この点は改善しなければいけない点だ。

 しかしながら、現在、ホームでの公式戦は5連勝中と強さを発揮していることに加え、鹿島戦はリーグ戦に限れば2勝2分と好相性を誇る。まだ2試合が終わっただけとはいえ、ここで迎える首位対決だが鳥栖は極めて良好な状態で迎える事ができるだろう。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
33 林彰洋
DF
15 丹羽竜平
36 菊地直哉
20 ヨ・ソンヘ
13 安田理大
MF
29 谷口博之
14 藤田直之
25 早坂良太
22 池田圭
10 キム・ミヌ
FW
11 豊田陽平

■鹿島アントラーズ 好調の要因は安定した守備

 開幕2連勝を飾った鹿島は好スタートを切り、今節は得失点差でも同率で並ぶ鳥栖との首位決戦に臨む。好調の要因は安定した守備が戻って来たところだろう。昨季は不安定な守備が最後まで改善されなかったが、今季は2試合連続で無失点を達成。前節の仙台戦でも危うい場面は作られたが最後は全員で体を張ってゴールを守る結束力を見せた。手堅い守備を背景に、2得点2アシストのダヴィ、3得点1アシストの遠藤康が攻撃を牽引。カウンターやセットプレーで相手ゴールを陥れている。2年目の豊川雄太の活躍もチームに活力を与えている。同じポジションに千葉からジャイールを獲得し、中盤のポジション争いはさらに激化することが予想される。

 そのジャイールの出場はもうしばらく後になりそうだ。登録が完了せず鳥栖戦での出場は難しいだろう。ただ、1カ月ほど前までUAEで公式戦に出場していただけあって、コンディションは悪く無さそうだ。体重を増やした様子も見られないため、体調が整えば試合に絡んでくるだろう。

 ただし、今節で対戦する鳥栖とは過去2シーズン対戦してきたが、リーグ戦ではいまだに未勝利と苦手にする相手だ。これまでの成績は2分2敗と一度も勝てていない。昨季は、豊田陽平とキム・ミヌに活躍を許してしまった。ロングボールを蹴り込み、セカンドボールに殺到してくる相手に、気持ちで負けず、肉弾戦を制することができれば、勝利が見えてくる。(totoONE編集部)

■鹿島予想スタメン
4-2-3-1
GK
21 曽ヶ端準
DF
24 伊東幸敏
5 青木剛
15 昌子源
16 山本脩斗
MF
20 柴崎岳
40 小笠原満男
25 遠藤康
28 土居聖真
19 豊川雄太
FW
11 ダヴィ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る