FOLLOW US

王者広島がACL出場組を連破、佐藤の鮮やかゴールと塩谷2戦連弾で開幕連勝

 J1第2節が8日に行われ、サンフレッチェ広島川崎フロンターレが対戦した。

 アウェーで昨季4位のセレッソ大阪を開幕戦で1-0と退けた王者・広島は、ホーム初戦に昨季3位で開幕戦をヴィッセル神戸と2-2で引き分けた川崎を迎えた一戦。立ち上がりの5分、広島は右CKから最後は千葉和彦がネットを揺らしたが、オフサイドで得点ならず。川崎は9分、中村憲剛からのボールが左サイドの小林悠に渡り、マイナスクロスに山本真希がミドルシュートを放つが、枠の上に外れた。

 20分には川崎に再びチャンス。セットプレーからにジェシが頭で合わせると、大久保嘉人が押し込んだが、オフサイドでノーゴールの判定となった。39分、広島は右サイドからミキッチが2人をかわしてカットインから左足でクロス性のボールで狙うも、ゴール左へ外れた。

 迎えた前半終了間際、左サイドからレナトが仕掛け、クロスを山本がつないで中村にボールが渡る。中村はペナルティエリア内右サイドにいた小林に浮き球のクロスを通すと、小林は右足を振り抜き、ネットを揺らした。前半は川崎の1点リードで折り返す。

 後半に入り、押し込む広島は52分、石原直樹の左クロスがファーサイドまで流れると、走り込んだ青山敏弘のシュートが枠を捉えたが、GKの脇を抜けたボールはゴールライン手前でジェシがクリアした。

 攻め込む広島は57分、素晴らしいゴールで同点に追いつく。青山の縦パスをゴール正面やや右のペナルティエリアわずかに外で、佐藤寿人がゴールに背を向けて受けると、ワントラップ後、背を向けたまま左足で浮き球のボレーシュート。吸い込まれるように枠の左上へ飛んだボールをGK西部洋平は見送るしかなく、佐藤の今季初ゴールが生まれた。

 72分に広島はドリブルで持ち上がった野津田岳人がミドルシュートで狙ったが、ここはGK西部が弾く。広島はその後も優勢に試合を進めると、後半のアディショナルタイムにジェシが高萩洋次郎へのタックルで一発退場。このプレーで得たゴール正面やや左のFKを塩谷司が豪快に直接たたき込み、広島が勝ち越しに成功。試合はそのまま終了し、広島が2-1で勝利。開幕2連勝を飾った。一方の川崎は2戦続けてアディショナルタイムの失点で、勝ち点を落とした。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA