2014.03.07

【J1第2節展望&予想スタメン】広島vs川崎 森崎、高萩が復帰…大久保ゴールなるか

昨季得点王の大久保 [写真]=Getty Images

■広島 森崎和、高萩らが復帰

 ゼロックス杯、ACL北京国安戦、そしてJ1開幕のC大阪戦で2勝1分。3試合で1失点という安定した守備をベースに、好調な2014年のスタートを切った広島。ただ、C大阪戦では全体的な疲労が蓄積し、主力5人がけがで不在となった影響もあり、主導権を握る広島らしさは乏しかった。また3試合4得点は、その好機の数と比較すれば少ない。そういった課題はもちろん存在するものの、今季3連覇を目指す王者の状態はまずまずと言っていい。

 第2節・川崎戦に向けての練習では、森﨑和幸・ミキッチ・高萩洋次郎 ・柏好文ら、故障していた主力が復帰。コンディションは万全とは言いがたく、本来のコンビネーションを発揮できるかは未知数ではあるが、野津田岳人や浅野拓磨ら若手の成長が著しく、選手交代によるギアチェンジが可能になったのは、ポジティブだ。

 攻撃的な川崎のアウトサイドの裏を突き、サイドからの攻撃で活路を見いだしたいが、突破した後のコンビプレーがまだ機能していない。ミキッチは先発に復帰できる可能性はあるが、清水航平やファン・ソッコが負傷離脱とメンバーが固定できない辛さもある。ただ、中と外との関係がうまく整理できれば、得点力の増幅も期待できるはず。優勝候補・川崎とのホーム開幕戦は、2014年の広島の本領を計る最高のリトマス試験紙となるが、その結果を左右するのはサイドでの攻防になるのかもしれない。
(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
1 林卓人
DF
4 水本裕貴
5 千葉和彦
33 塩谷司
MF
14 ミキッチ
6 青山敏弘
8 森崎和幸
16 山岸智
9 石原直樹
24 野津田岳人
FW
11 佐藤寿人

■川崎 エース大久保が勝敗の鍵か

ACLを含めた公式戦2試合を同じメンバーで戦ってきたが、前節からダブルボランチを変更する可能性がありそうだ。6日の紅白戦では、山本真希と稲本潤一をスタメン組を起用している。前節2失点を喫しており、特にバイタルエリアの対応には課題が残っただけに、昨年のレギュラーユニットによる改善が期待される。

風間八宏監督就任後、対広島戦は3連敗中だったが、昨季リーグ戦第25節、4戦目にして2-0での勝利。内容も文句のない完勝だった。選手にも苦手意識はなく、ときに5バックで守る広島の守備陣をどう攻略するかは、攻撃サッカーを掲げるチームの腕の見せ所といえる。

開幕戦では、けがもあり昨年は5得点と振るわなかった小林悠がリーグ戦のチーム第1号ゴールを記録。相手守備陣がもっとも警戒を強めるであろう、大久保嘉人、レナト、中村憲剛という前線の3人に加えて、動き出しでアクセントを生み出せる小林が得点を奪ったことは、攻撃陣にとって何よりもプラス材料だ。

その一方で気になるのが、公式戦2試合無得点の大久保嘉人だ。「去年も初ゴールは第2節だったから」と本人は話しているだけに、この今節でゴールを奪えるかどうかがターニングポイントになるかもしれない。

この試合からACLの遠征を含めた5連戦が始まる。「総力戦。全員で乗り切っていかないといけない」と風間監督。開幕戦では試合運びの拙さから勝ちを逃しただけに、今季初めてのアウェイ戦で広島相手に勝ち切りたいところだ。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-2-3-1
GK
21 西部洋平
DF
3 田中裕介
5 ジェシ
4 井川祐輔
23 登里享平
MF
6 山本真希
20 稲本潤一
11 小林悠
14 中村憲剛
10 レナト
FW
13 大久保嘉人

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る