2014.02.13

スペイン紙がC大阪の柿谷曜一朗を特集…「若き才能」と表現

柿谷曜一朗
C大阪に所属する柿谷 [写真]=Getty Images

 スペイン紙『マルカ』は、ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが加入したセレッソ大阪について触れ、同クラブに所属する日本代表FW柿谷曜一朗を特集した。

 同紙は、マンチェスター・Uでプレーする日本代表MF香川真司がかつて所属していたクラブとしてC大阪を紹介。現在は柿谷がチームの中心選手だと伝え、「若き才能」と表現した。

 また、柿谷の特長については「鋭い動きと絶妙なボールコントロール」などを挙げており、「純粋なストライカーではないが、プレーメーカーとしても機能する」と分析。その一方で「左足のシュートは改善が必要」と課題を挙げていた。

 柿谷の経歴にも触れた同紙は「恐らく日本で戦う最後のシーズンとなるだろう。柿谷はヨーロッパでプレーする準備ができている」と、今後は活躍の舞台をヨーロッパに移すと予想。最後に「ブラジル・ワールドカップでの活躍が楽しみな選手の1人」と記した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る