2014.01.16

FW李忠成、浦和への完全移籍が決定「キャリアの全てを注ぎたい」

李忠成
浦和への完全移籍が決まったFW李忠成 [写真]=Getty Images

 浦和レッズは16日、サウサンプトンに所属していたFW李忠成の完全移籍加入が合意に達したと発表した。李は帰国後にメディカルチェックを受け、正式契約を結ぶ。

 李は1985年生まれの28歳。FC東京の下部組織出身で、2004年にトップチームに昇格した。柏レイソルでのプレーを経て、2009年8月にサンフレッチェ広島へ移籍。2012年1月には、当時イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)に所属していたサウサンプトンに加入した。2013年の2月から6月まではFC東京に期限付き移籍していたが、その後はサウサンプトンへ復帰。今シーズンはプレミアリーグでの出場機会はなく、14日にサウサンプトンが契約解除を発表していた。李は日本代表として国際Aマッチ11試合出場2得点を記録している。

 完全移籍加入にあたり、李は、「このたび、浦和レッズに加入することになりました李忠成です。これまでの自分のサッカーキャリアの全てを浦和レッズのために注ぎたいと思っています。自分の力の全てを出して、タイトル獲得のため、チームに貢献できるようにがんばりますので、応援よろしくお願いします」と、抱負を語った。

 また、浦和の山道守彦強化本部長は、「2014シーズンの戦いに向けて、チームをさらに強化していくために、得点力のある前線の選手で、チームにフィットする選手を探していました。その中で、李忠成選手にオファーし、今回加入合意に達することができました。彼がチームの新しい力となり、活躍してくれることを期待しています」と、コメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る