FOLLOW US

横浜FMが21年ぶり7度目の天皇杯制覇…広島にリーグ戦の雪辱果たす

天皇杯を21年ぶりに制した横浜FM [写真]=浦正弘

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1日に行われ、横浜F・マリノスサンフレッチェ広島が対戦した。

 今季のリーグ戦で最終節に逆転優勝を果たした広島と、2位に終わった横浜FMの対戦は、序盤から高い位置でのプレッシングで横浜FMが支配。すると迎えた17分、小林祐三が右サイドからドリブルで仕掛けると、ペナルティエリア内でDFに止められるが、ワントップで先発となった端戸仁がこぼれ球を拾い、兵藤慎剛を経由して、ゴール正面でボールを受けた齋藤学がミドルシュートを左隅へ決め、横浜FMが先制する。

 横浜FMは21分にも左CKを得ると、中村俊輔のクロスボールに中町公祐がヘディングで合わせる。シュートはGK西川周作が弾くが、跳ね返りを中澤佑二が頭で押し込み、追加点を獲得する。前半は横浜FMの2点リードで折り返す。

 後半に入ると、巻き返しを図る広島が押し込むようになり、石原直樹らにチャンスが訪れるが、ものにすることはできず。横浜FMの守備陣が広島をシャットアウトし、2-0で勝利した。

 横浜FMは第72回大会以来、21年ぶりの大会制覇。Jリーグ発足以降では初の戴冠となり、前身の日産自動車時代を含め、7度目の優勝を改修前最後の国立競技場で果たした。敗れた広島は、Jリーグ発足の93年以降、5度目の決勝進出だったが、全て無得点で準優勝に終わっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO