2018.01.26

高円宮杯U-18選抜、インテルアカデミーに8発完封勝利! イタリア遠征は2戦2勝

NIKE
ハットトリックを決めた森 [写真]=NIKE
サッカー総合情報サイト

 高円宮杯U-18プレミアリーグの参加チームから選出された『NIKE NEXT HEROプロジェクト』の選抜チームが、現地時間25日に遠征先のミラノでヴァレジーナ・カルチョ(インテル下部組織)と練習試合(45分ハーフ)を行った。

 布陣は4-1-4-1を採用し、GKは梅田透吾(清水エスパルスユース)、ディフェンスラインには右から岡庭愁人(FC東京 U-18)、吉田伸弘(阪南大学高)、吉村仁志(大津高)、三原貫汰(米子北高)が並んだ。アンカーに谷川勇磨(ヴィッセル神戸 U-18)、2列目は右から上月翔聖(神戸弘陵学園)、中村成龍(阪南大高)、財前淳(京都サンガF.C. U-18)、滝裕太(清水エスパルスユース)、そして1トップに平墳迅(清水エスパルスユース)が入った。

NIKE

今回の遠征でキャプテンを務めた谷川(右)。最後まで声を出し続けた [写真]=NIKE

 先制点が生まれたのは8分、ペナルティエリア手前でボールを受けた上月がそのまま左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。26分には再び上月が追加点を奪うと、前半終了間際の44分にCKを吉村がヘディングで叩き込み、リードを3点に広げた。

 後半はGKを宮崎浩太朗(大宮アルディージャユース)に、ディフェンスラインは吉村に代えて中島大雅(ガンバ大阪ユース)を、右サイドバックに佐野海舟(米子北高)を入れ、岡庭を左サイドバックに回した。2列目には右から水野雄太(大津高)、中村駿太(青森山田高)、財前、シマブク・カズヨシ(浦和レッズユース)を並べ、1トップに森海渡(柏レイソルU-18)を入れた。

NIKE

ハーフタイムに指示を出す朝岡監督(左)[写真]=NIKE

 雨が強くなり、グラウンドが滑りやすくなってきた中でも、絶えずボールを回し続ける。46分に森がヘディングシュートを決めると、57分にも森が追加点をマーク。相手に1本もシュートを打たせないまま試合は続き、65分にはCKの流れから最後は財前が押し込んだ。大量リードを奪った高円宮杯U-18選抜チームは79分、再び吉村と中村成を投入した。

 終盤は後半から入った水野と森が魅せる。85分、水野がドリブルで中央突破し、ペナルティエリア手前で森にボールを受け渡す。飛び出してきた相手GKを冷静にかわして流し込んだ。その2分後にも、二人の巧みなパスワークで相手の守備を崩して、最後は水野がフィニッシュ。“急造チーム”ながら、合計8ゴールを奪う圧勝で試合を終えた。

NIKE

森との連係でゴールに迫った水野(左)[写真]=NIKE

 チームを率いた朝岡隆蔵監督(市立船橋高)は、選手同士でよくコミュニケーションを取りながら戦ってくれたと労った。

「前日のASヴィズノーヴァ戦では終盤に失点したので、『後半途中からサボっていただろう』と。今日は『完膚なきまでに叩きつぶそう、隙なくやろう』と伝えて送り出しました。最終的にゼロに抑えられたことは良かったですね」

「やっぱりレベルが高い選手が揃っています。戦術練習は20分ほどしかできていないし、試合前に1度ミーティングをしただけでしたけど、伝えたことをスッと理解してくれる。谷川、吉田、岡庭を中心にリーダシップを発揮してくれて、彼らがうまくチームをコントロールしていたと思います。連係も取れていました」

 見事な圧倒劇を演じたチームのトレーニングはこれにて終了。現地時間26日はインテルの本部を見学する。

NIKE

悪コンディションの中、大量8得点で勝利した [写真]=NIKE

<NIKE NEXT HERO プロジェクト>
日本サッカー協会が推し進める「JFA Youth & Development Programme(JYD)」のオフィシャルパートナーであるNIKEが立ち上げたプロジェクト。高校年代最高峰のリーグ戦である高円宮杯U-18プレミアリーグの試合を対象に実施され、毎試合各チームの監督またはコーチが、活躍した選手を対戦相手から各ポジション1名ずつの原則3名(GK or DF/MF/FW)を選出する。選ばれた選手にはポイントが加算され、リーグ終了時点で多くのポイントを獲得した選手を中心に海外遠征を行う。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る