2016.07.13

前園真聖“社長”プロデュースの国産ビーチサンダルが予約開始「ビーチに遊びに行ってほしい」

サッカー総合情報サイト

 地域活性化を狙う新型ECサイト「Daibuyer.tokyo」を運営するダイバイヤー制作委員会は、12日より元日本代表MF前園真聖氏と神戸九十九サンダルのコラボレーションサンダル「前園社長オリジナル完全国産ビーチサンダル」の予約受付をスタートさせたことを発表した。

 今回のコラボ商品である「さざ波ZONOビーチサンダル」は、日本人の足に合わせた最高の履き心地を追求したビーチサンダルを製造する九十九サンダルの、色19色、鼻緒12色の組み合わせ計228通りの中から、“前園社長”が選んだ4色に、Daibuyerオリジナルキャラクターである「イブラ」と“前園社長”の愛豚「セブン」のイラストを社長自ら加えたDaibuyer限定のサンダルとなっている。展開はマリンブルーとブラウンのメンズ、ネオングリーンとピンクのレディースの4色となり、さざ波(3373)の¥3,373(税込)で販売となる。

 その出来栄えから、前園社長は「ビーチでも映えるように女性の色を華やかに、男性は落ち着いているものを組み合わせました。このサンダルを履いてビーチに遊びに行ってほしいですね。自分の絵がデザインされるなんで初めてです(笑)。少し恥ずかしいですが自信作なので、多くの人に履いてもらいたいです」と自信をのぞかせている。

 九十九サンダルは足型から鼻緒まですべてをひとつひとつ丁寧に、昔ながらの製法で手作りしている純国産ビーチサンダル。「フラット型」に比べて歩きやすく、つま先が低く、かかとが高い「テーパー型」を採用し、鼻緒もサイズ毎に長さが異なり、左右の長さも違うので足入れの良さにも定評がある。クッション性に優れているゴムで台を製作し、皮膚の柔らかい足の指の間には、肌触りを追求して柔らかい天然ゴムを鼻緒に採用することで足の負担を軽減している。

 初回は限定100個の生産で、先行予約となっているので、夏本番に向けて「Daibuyer.tokyo」でチェックしよう!


Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
21pt
大分
18pt
東京V
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る