FOLLOW US

やべっちFCと五輪オールスターズがフットサル対決…20日深夜放送

20日深夜放送のやべっちFCでは、U-23日本代表のメンバーが出演。フット漁る対決を行う

 12月20日深夜放送の『やべっちF.C.』は、クリスマススペシャルとしてMCの矢部浩之さんが率いる「やべっちF.C.チーム」と来年1月にリオデジャネイロ五輪出場を目指すU-23日本代表がフットサルでガチンコ対決する。

 今回、やべっちF.C.チームは、矢部さんを始め、中山雅史氏、中田浩二氏が選手として参加のほか、過去に番組レギュラーを務め、今季ジュビロ磐田をJ1へと導いた名波浩氏が監督としてチームを指揮。さらに、楢崎正剛、高原直泰、Fリーグの助っ人も加わり、豪華メンバーが顔をそろえた。

 一方のU-23日本代表を中心とした五輪オールスターズチームは、アトランタ五輪でエースとしてチームをけん引した前園真聖が監督兼選手で初参戦。U-23代表のキャプテン遠藤航、“守護神”櫛引政敏、“最終ラインの要”植田直通、技巧派の大島僚太、鎌田大地など主力メンバーが集結。「絶対に負けられない」最終予選を前に、気迫溢れるプレーを披露する。

「フットサルは毎年ガチっぽくなってきているなと言っていたんですが、今年が一番ですね」と、収録後に矢部さんがコメント。「鹿島の植田選手がガッツリ来たので。僕は単なるサッカー好きのお笑いなのに、プロが大人げないなと思いました(笑)。トラップしたところをちょんと突きにくるという、いやーな感じでした。今までのは、1回は持たせてくれるんですよ。さすがはプロだなと思いましたが、そういう意味では彼にはがっかりです(笑)」と試合の見どころを話した。

「初めてのフットサル」だった中田氏は、「楽しかったです」と話しつつも、同じ鹿島アントラーズの植田の教育係としては、「ただただ申し訳ない、という思いです(笑)」と話した。「U-23代表もガチでやってくれて、うまかったですし、本当に楽しくできたなと思います。Uー23代表には、プレッシャーはあるだろうけど、そのプレッシャーを楽しみに変えてほしいと思います。苦しいと思ってやっていると思いますが、ここがMAXではないので、ここから上げていけばいいだけだと思います」

 中山氏は「面白かったです。リオ五輪最終予選では苦しい試合の連続だとは思いますが、彼らもそれを承知して臨むものだと思いますので、そこでやってくれると思います。厳しい戦いの中で戦う喜びを感じてもらいたいし、そこから自分たちが強くなれる。勝たなければ強くなれないし、厳しい戦いを積み重ねていくことで力になりますから。強くなってもらいたいですね」とエールを送った。

 注目のやべっちF.C.チーム対五輪オールスターズチームの対戦は、12月20日深夜0時10分放送。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA