2015.07.28

香川真司が選ぶ現役ベストイレブン、バルセロナからメッシら6人選出

香川真司
ドルトムントに所属する香川真司 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、自身が選ぶ現役選手最強イレブンを明らかにした。

 同企画は、エレクトロニック・アーツ株式会社が配信しているFIFA公認モバイルサッカーシミュレーションゲームである『EA SPORTS FIFAワールドクラスサッカー2015』内でのイベントによるもので、香川が監督となり、選んだ選手をユーザーが当てるという内容だった。

 その回答が発表され、香川が選ぶ最強のイレブンが判明。フォーメーションは[4-3-3]となり、2014-15シーズンのチャンピオンズリーグを制したバルセロナから6名が先発に名を連ねた。

 3トップはバルセロナの強さの象徴となった“MSN”、リオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレスをチョイス。その攻撃陣をエデン・アザールがトップ下から支え、ボランチにはアルトゥーロ・ビダルとポール・ポグバを並べた。

 4バックは右からダニエウ・アウヴェス、ジェラール・ピケ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルディ・アルバを配置し、守護神にはマヌエル・ノイアーを置いた。クリスティアーノ・ロナウドやアンドレス・イニエスタといったタレント勢はサブメンバーとして選択している。

 香川の選んだベストイレブンは以下のとおり。

■先発[4-3-3]
▼GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
▼DF
ダニエウ・アウヴェス(バルセロナ)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
▼MF
アルトゥーロ・ビダル(ユヴェントス→バイエルン)
ポール・ポグバ(ユヴェントス)
エデン・アザール(チェルシー)
▼FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
ルイス・スアレス(バルセロナ)
ネイマール(バルセロナ)

■サブ
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)
セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
アリエン・ロッベン(バイエルン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
カルロス・テベス(ユヴェントス→ボカ・ジュニアーズ)

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る