FOLLOW US

柏がラヌースに競り勝ち、スルガ銀行杯制覇…日本勢は同大会5連覇

スルガ銀行チャンピオンシップを制した柏レイソル [写真]=野口岳彦

 スルガ銀行チャンピオンシップ2014が6日に行われ、2013年のヤマザキナビスコカップ王者である柏レイソルと、コパ・スダメリカーナ王者であるアルゼンチンのラヌースが対戦した。

 日立柏サッカー場で行われた試合は序盤、ラヌースがやや優勢に試合を進める。柏も15分に大谷秀和の浮き球のスルーパスにゴール前でレアンドロが右足のボレーで合わせたが、クロスバーを越えた。

 両者、決定機が作れないまま時間が経過し、迎えた44分。柏は相手陣内でミスをついた栗澤僚一がボールをカットすると、レアンドロに渡る。レアンドロはスルーパスを出すと、左側を駆け上がった高山薫がシュートを決め、柏が先制して試合を折り返す。

 後半に入るとラヌースが圧力を強める。56分にはクロスボールにグスタボ・ゴメスがヘディング。GK菅野孝憲が弾くと、こぼれ球をさらにディエゴ・ブラギエリが頭で押し込んだが、クロスバーを直撃した。

 それでもラヌースは3分後、レアンドロ・ソモサがミドルシュートをゴール正面で放つと、ブロックした増嶋竜也に当たってコースが変わり、GK菅野の逆を突いて、ゴールに吸い込まれ、試合を振り出しに戻す。

 試合はラヌースペースで進むが、柏も77分に橋本和の左サイドからのクロスに工藤壮人がヘディングで合わせたが、GKアグスティン・マルチェシンが右手1本で防いだ。同点のまま迎えた89分、柏は工藤がペナルティエリア内右に侵入すると、相手DFにスライディングで倒されたとしてPKを獲得。これをレアンドロが決めて、勝ち越しに成功。アディショナルタイムにはラヌースの選手が退場者に出るなど、荒れ模様となったが、スコアは動かず2-1で柏が勝利した。

 柏は同大会初出場で初制覇。日本勢は同大会5連勝となった。

【スコア】
柏レイソル 2-1 ラヌース

【得点者】
1-0 44分 高山薫(柏)
1-1 59分 ソモサ(ラヌース)
2-1 89分 レアンドロ(PK)(柏)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA