2014.06.04

日本代表、ブラジルW杯の結果は…「FIFA 14」発売イベントで完全シミュレーション

『FIFA 14』発売を記念するW杯予想イベントが開催された

 4日、六本木ヒルズアリーナで、PS4版『FIFA 14』を使ったブラジル・ワールドカップ勝敗予想パブリックビューイングイベントが開催された。

 同イベントは、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)が「PlayStation4×FIFA 14 2014 FIFA World Cup Brazil Limited Pack」を翌5日に発売することを記念して、開催されたもの。PS4版『FIFA 14』をプレイし、コンピュータ同士の対戦でブラジル・ワールドカップが完全シミュレーションされた。日本代表のユニフォームを着用したサポーターも大勢詰めかけ、太鼓を用いた応援も行われるなど、会場は本大会さながらの熱気に包まれた。

 ゲストには、司会と実況を担当する山田泰三氏と元日本代表MFの前園真聖氏、ピースの又吉直樹さんと綾部祐二さん、水沢アリーさんが登場。「シュートを打った時の爽快感がサッカーそのもの」(又吉さん)というPS4版『FIFA 14』の試合映像を見ながらトークを繰り広げ、サポーターを沸かせた。

 日本代表が属するグループCでは、全試合のハイライトを放映。第1戦のコートジボワール戦は、開始3分にMF本田圭佑の得点で日本が先制したが、直後にMFヤヤ・トゥーレに左足ボレーを決められ、1-1で前半を折り返す。54分、本田が2点目を決めて日本が2-1で競り勝ち、白星スタートを切った。第2戦のギリシャ戦は、終盤に点を取り合う展開に。77分に本田がPKを決めたが、80分に同点弾を許す。直後には、MF長谷部誠のスルーパスを受けたMF香川真司が冷静に一対一を制して勝ち越したが、87分に再び追いつかれ、2-2の引き分けに終わった。

 そして第3戦では、勝ち点4で並ぶコロンビアと対戦。勝てばグループリーグ突破が決まる日本だが、29分に香川が決めた得点を守りきれず、後半に2失点を喫して1-2で敗れた。しかし、他会場の結果、1勝1分け1敗の日本は2位に入り、決勝トーナメント進出を決めた。なお、日本は決勝トーナメント1回戦でウルグアイをPK戦の末に破ったものの、準々決勝でスペインに1-2で敗れ、ベスト8で敗退。優勝は開催国のブラジルで、決勝では前回王者のスペインを2-1で破った。

 イベントでは、ゲストによる本大会の展望も行われた。ピースの2人と前園氏は、日本代表のグループリーグの成績を「2勝1分け」、水沢さんは「1勝1分け1敗」と、予想。前園氏は、「ウルグアイとイングランド、イタリアが入っているグループDに注目。優勝予想はブラジル」と、見どころを語った。

「PlayStation4×FIFA 14 2014 FIFA World Cup Brazil Limited Pack」は、数量限定で5日に発売される。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る