2014.05.04

JFAプレミアカップ決勝は、スピードが武器の広島とボール支配で主導権を握る柏の対戦に

PK戦を制した決勝進出を決めた広島ジュニアユース

 4日、全国9地域の予選を勝ち抜いたU-15年代の12チームが集まり、優勝チームには世界大会への出場権が与えられる「JFAプレミアカップ2014 supported by NIKE」は2日目を迎え、1次ラウンドの最終戦と準決勝が行なわれた。

 1次ラウンドは各グループの1位3チームと、2位の中から成績上位1チームが決勝トーナメントに進出する。グループAはサンフレッチェ広島F.CジュニアユースがF.C.コーマラントを6-0で下し、3連勝で首位通過を果たした。グループBを勝ち抜いたのは柏レイソルU-15。愛媛FCジュニアユースとの試合は一進一退の攻防の末、最後は10人になりながらも2-2で引き分けて勝ち点7を確保している。グループCは初日を終えた時点で1位のアルビレックス新潟U-15と2位の大宮アルディージャジュニアユースの直接対決を大宮が1-0で制して、逆転で首位通過。敗れた新潟も2位チームの成績上位チームとなり、決勝トーナメント進出を果たした。

 準決勝・第1試合、広島vs新潟は手に汗握る熱戦となった。広島は序盤からMF仙波大志(3年)を軸に主導権を握るものの、決定機を生かせない。対する新潟は苦しい時間帯が続いたが、最終ラインのDF吉田光希(3年)を中心に体を張って耐え凌ぐ。20分間の延長戦でもゴールネットは揺れず、試合の行方はPK戦へ。新潟は3人目が広島GK大田祥輝(3年)に、4人目がポストに阻まれたのに対して、広島は4人が成功させて決勝進出を決めた。最後まで足を止めず、球際でも激しい攻防を繰り広げた両チームに試合後は観客席から惜しみない拍手が送られている。広島のキャプテンを務めるDF中丸大輝(3年)は「自分たちは誰か一人ではなく、みんなで前へ前へというチーム。優勝して世界大会へ行きたい」と話している。

 第2試合は前年度王者の大宮と柏が対戦。前半にクロスのこぼれ球をMF落合陸(3年)が押し込んだ柏が先制点をあげると、後半にも相手ゴール前でパスをつないで最後はFW中村駿太が追加点。終了間際に1点を返されたが終止、試合有利に進めた柏が2-1で勝利した。試合後、落合は「広島は強いと言われるけれど、自分たちも自信を持って決勝に臨みたい」と力強く語っている。

 5日に行なわれる決勝戦は、前線からボールを奪いに行ってスピード感のある攻撃を仕掛ける広島と、パスを回してボール支配率を高める中でチャンスを狙う柏という、スタイルの異なるチームの対戦となった。「JFAプレミアカップ2014 supported by NIKE」の最後を飾るに相応しい好ゲームが期待される。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る