FOLLOW US

「青森を離れたのは青森山田を倒すため」 矢板中央GK藤井陽登の決意届かずも、見せた成長ともう一度リベンジへ

矢板中央の守護神、藤井陽登 [写真]=宮地輝

 緑のユニフォームを見ると、自然と闘争本能に火が付く。同い年の松木玖生を見ると、絶対にゴールを割らせたくない気持ちになる。矢板中央の2年生守護神・藤井陽登は一際高いモチベーションで、青森山田との高校選手権準決勝に臨んだ。

 生まれ故郷は青森県十和田市。十和田中学校サッカー部では1年時からレギュラーを掴むが、いきなり“青森山田”の洗礼を浴びた。全国中学校サッカー大会青森県予選の準決勝で対戦。中3の武田英寿(現浦和レッズ)、中2の藤原優大(浦和内定)、中1の松木を擁する相手に6失点を喫する。「武田選手が凄まじくて、現実を突きつけられました」と大きな衝撃を受けた。中2、中3では十和田中は県予選早々で敗れ、青森山田中の待つ場所までたどり着けなかった。

 だが、藤井個人としては、中2の時にチームの栃木遠征に参加をすると、矢板中央のスタッフの目に留まり、誘いを受けたことで運命が大きく変わる。

「最初は青森山田の練習会に行くか、八戸学院野辺地西へ行こうと思っていたのですが、矢板中央に声をかけてもらったことで、『ここなら青森山田を倒せるんじゃないか』と思い、進学を決めました」

 青森を離れ、栃木にやってきた彼は1年生から不動の守護神の座を掴むと、昨年度の選手権ではビッグセーブを連発してベスト4進出の立役者となった。だが、「勝てば青森山田と対戦できる」と臨んだ静岡学園戦で、自分の甘さを身をもって痛感した。

前回大会ではPKを決められて敗退 [写真]-山口剛生

 スコアレスドローで迎えた後半アディショナルタイム、彼の立つ10メートル先のペナルティエリア内で味方が静岡学園の選手を倒した。「まずい、これはPKだ」と思った瞬間、主審の笛が鳴り響いた。

「一気にスタジアムが異様な雰囲気になりました。ちょうど静岡学園の応援席側だったので、スタンドの盛り上がりがプレッシャーになって、一気に飲み込まれてしまいました」

 静岡学園のエース・松村優太(現鹿島アントラーズ)がボールをセットした時、藤井の頭の中は真っ白になっていた。

「もう『どっちに飛べばいいんだ、俺はどうすればいいんだ』と頭の中で攪乱していました。それで相手をしっかりと見ないで先に動いてしまい、楽々と逆に蹴られてしまった」

 松村のPKがゴールネットを揺らした直後にタイムアップのホイッスルが鳴り響いた。「俺のせいだ」と最後の最後で何もできなかった自分を責めた。

 2年生となった今年度はPKの映像を何度も見て、常に冷静に戦うことを心に決めた。夏には青森山田と練習試合を行い、1-5で敗れたが、最後まで集中を切らさずにビッグセーブを見せた。すると試合後に松木が話しかけてきた。

藤井陽登

今大会はPKを2度制して勝ち上がった

「お前、凄いな。めっちゃシュート止めるよね」

 この言葉に藤井は驚いた。「中2で県トレに初めて選ばれた時、松木とは少しだけ一緒にプレーしました。オーラが全然違ったし、話しかけられなかったですね。中3になると彼は高校の試合に出ていて、県トレには来なかったし、当時は僕のことを知らなかったと思います」。その松木が自分のことを認めてくれている。嬉しさと同時に、「選手権に向けてお互い頑張ろう」という言葉に、青森山田を絶対に倒したいという気持ちがより湧き上がった。

 そして迎えた今大会。ついにベスト4で青森山田との対戦が実現した。昨年涙を流した準決勝で、しかも相手が青森山田。燃える要素が全てこの試合に詰まっていた。

 だが、現実は厳しかった。青森山田の圧倒的な力の前に終始押し込まれると、前半だけで2失点。後半も失点を重ね、夏の試合と同じ5失点で完敗を喫した。

藤井陽登

青森山田の壁は厚く [写真]=兼子愼一郎

 しかし、もし藤井がいなかったら、もっと失点を重ねていたかもしれない。29分にFW名須川真光のシュートをブロックすると、63分にはMF仙石大弥のカットインからのシュートがDFに当たり、藤井が反応した逆のコースに飛んだが、左手を目一杯伸ばして指先の力だけでトスティング。場内に観客がいたら大きくどよめいていたであろうスーパーセーブを見せた。その後もCKのパンチングやロングスローを正確にキャッチするなど、失点を重ねても心折れずに冷静にプレーし続ける成長をした姿を見せた。

 2年連続の埼玉スタジアム2002のピッチはともに悔しい思いを味わったことは間違いない。だが、彼にはもう1年、リベンジするチャンスが残っている。最高学年となる来年度はさらに成長をし、『打倒・青森山田』に全身全霊を掛けるべく、決意新たにスタジアムを後にした。

取材・文=安藤隆人

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO