FOLLOW US

11大会ぶり決勝進出の山梨学院…今大会最速弾のMF石川隼大、決勝では「思いをぶつけたい」

今大会最速ゴールを決めた、山梨学院の石川 [写真]=兼子愼一郎

 第99回全国高校サッカー選手権大会準決勝が9日に行われ、山梨学院(山梨)と帝京長岡(新潟)が激突。山梨学院が帝京長岡をPK戦の末に3-1で下し、11日に『埼玉スタジアム2002』で行われる決勝へ11大会ぶりに進出している。試合後、両校の監督及び選手がインタビューに答えた。

 山梨学院の長谷川大監督は、「チームとして、帝京長岡さんは昌平さんとスタイルが似ているところがありました。ドリブルとパスで侵入してくる違いはあったので、距離感をコンパクトに縦パスを入れてくるところで、守備をコントロールすることがテーマでした。前半はできたが、得点が確実に取れていれば。後半、フィジカルの低下とともに、できた穴に逃げられる形が少なくなればと思っていたが、自分たちのミスで疲弊したところは修正しないといけない」と試合を分析。決勝進出直後も、気を緩めることはなかった。帝京長岡に1点を返された後、仮にスタジアムに観客が入っていたらもっと慌てたのでは? との問いに対しては、「まさにそうだと思います。そういう状況(無観客)でサッカーをすると、我々や選手の声が聞こえる。観客がいるときにはかき消される声も聞こえるので、お互いにそうですが、修正やコントロールをし合えるかが今年のポイント。意識して、ゲームプランも作っていました」と語っている。

 対する、帝京長岡の古沢徹監督は、「遠いなと、決勝進出が。立ち上がりの失点とロングスロー。きちんと抑えて入っていけなかったのは私の責任。選手は頑張ってくれました」と悔しさを滲ませた。

 PK戦で活躍した山梨学院キャプテンのGK熊倉匠は、「今日、自分は正直何もできていなかったので、貢献したい気持ちでした。PKは得意なので、止めてやろうと。何本か止められて良かったです」とコメントした。決勝に向けて、「青森山田は伝統があり、強豪校。自分たちが今までやってきたことを信じて、チャレンジャーとしてやっていきたいです。矢板中央はプリンスリーグで今年対戦しましたが負けているので、借りを返す、リベンジをしたいと思っています」と力を込めた。

 今大会最速ゴールとなる先制弾を決めたMF石川隼大は、決勝について尋ねられると「青森山田とはまだやったことがないですが、試合は見ていて、縦に速く、空中戦に強い。守備で上回りたいです。矢板中央はプリンスリーグの試合で自分も出ていましたが、一対一で勝てていなかった。悔しい思いもあるので、ぶつけたいです」と抱負を述べた。

 一方、帝京長岡キャプテンのMF川上航立は、「自分たちの実力不足で負けた印象です」とコメント。古沢監督が「僕じゃなく、川上のチーム」と言及していたことについて問われると、「あの人がいなければ、自分たちはここまで来られていなかった。親以上というか、親のように1秒たりとも気を抜かず向き合ってくれて、3年生もあの人の愛情があると認識できた。日本一にはなれなかったが、ここまで来られた」と指揮官への感謝の気持ちを表した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO