FOLLOW US

強豪同士の一戦は東福岡に軍配! 桐蔭学園を下し、5年ぶりの大会制覇へ好発進

2得点を決めてチームを勝利に導いた日高駿佑(背番号20) [写真]=金田慎平

 第99回全国高校サッカー選手権大会1回戦が31日に行われ、桐蔭学園(神奈川)と東福岡(福岡)が対戦した。

 強豪同士が激突した1回戦では、レベルの高い攻防戦が繰り広げられる。序盤から両チーム共に高い攻撃力を見せつけるが、守備陣も集中力を切らさず、なかなか均衡は破れない。33分にはコーナーキックから桐蔭学園の青木祐人がヘディングで狙うも、相手GKの好セーブに阻まれる。直後には桐蔭学園の“10番”長澤圭剛、さらに本多鼓瑚が連続でゴールに迫るも、東福岡が最後の最後で体を張った守備を見せて、得点を許さなかった。

 すると35分、青木俊輔が左サイドを華麗なドリブル突破で突破し、GKとDFの間に絶妙なクロスを送る。中央でボールを受けた日高駿佑がワントラップから冷静に沈め、東福岡が先手を取った。

 その後は同点を目指す桐蔭学園が怒涛の攻撃を披露。それでも、前半アディショナルタイムには本田良輔からの浮き球パスを受けた日高が、相手DFを背負いながらも前を向き、強引に叩き込む。東福岡が2点を奪って前半は終了した。

 後半に入ると、まずは1点が必要となる桐蔭学園が攻勢を強める。一方の東福岡は強固な守備を見せながらも、カウンターでゴールを狙う。23分には東福岡の青木俊輔がペナルティエリア内でフリーの場面を迎えるも、狙いすました左足のシュートはわずかに枠の外へ。

 その後も桐蔭学園は同点を目指して猛攻を続けるも、東福岡がゴールを割らせることはない。試合はこのままタイムアップを迎え、2015年度の第94回大会を制していた東福岡が、桐蔭学園に勝利した。2回戦は1月2日に行われ、東福岡は星稜vs作陽の勝者と対戦する。

【スコア】
桐蔭学園 0-2 東福岡

【得点者】
0-1 35分 日高駿佑(東福岡)
0-2 40+2分 日高駿佑(東福岡)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO