FOLLOW US

[立正大淞南]「モノが違う」大会屈指の司令塔…最後の大舞台で主役になれるか【高校サッカー選手権】

松本山雅が獲得を決めた今大会屈指の司令塔、立正大淞南のMF山田真夏斗 [写真]=森田将義

「そこを見ているのか!」と思わず唸るほど類まれなパスセンスを持つのが立正大淞南のMF山田真夏斗(3年)だ。左右両足から繰り出すキック精度とボールを受けるタイミングの良さは一級品で、多くのJリーガーを輩出してきた南健司監督も「モノが違う」と一目置く。世代別代表の経験は皆無だが、松本山雅FCが獲得を決めたのもよく分かる今大会屈指の司令塔だ。

 夏にプロ入りが決まってからは、プレーも大きく変化し、以前にも増してゴールに向かう姿勢が強まった。山田は理由についてこう明かす。「山雅に行って、日ごろから点を獲れる選手が試合に出ているのが分かり、点を獲ることで一番評価が上がるんだと感じた。以前は点が獲れなくても、自分がアシストできれば満足していたけど、山雅入りが決まってからは『点を獲りたい。もっと評価されたい』と思うようになった」。今では、ボールを持つと真っ先にゴールを狙い、無理だと判断すればゴールが獲れそうな味方にパスを送る。常にゴールを意識しているため、相手にとってこれほど怖い選手はいない。

 変化を重ねながら、プロのステージまでたどり着いた山田が、一番変わったのはサッカーに挑む姿勢だろう。「淞南に来てから、サッカーに対する気持ちや意識が変わった。もっと上手くなりたい、プロになりたいと強く思うようになった。そのためには人としてどういう姿勢で取り組むべきか多くのことを学んだ」と口にする通り、高校3年間での成長は著しい。中学時代もセンスを評価されながらも、中学時代の同級生が「サッカーに対する想いはずっと持っていたけど、私生活はやばかった」と明かすほどヤンチャな性格が仇となり、滋賀県内の高校からの評価は高くなかった。中学3年生の夏に腰を疲労骨折してからはより悪化し、「サッカーができなくなり気持ちが折れた。高校ではサッカーしなくても良いかなと思っていた」。

 怪我が治ってからはサッカーへの意欲が沸き、練習参加していた立正大淞南への入学を決めた。立正大淞南での評価は高く、毎年3年生主体のチーム作りを行う中でも、1年生の頃からAチームでの出場機会を得た。2年目からはスタメンの機会も増えたが、不本意なポジションでの起用や、前半で交代させられる試合が続き、再びサッカーに対する気持ちが切れそうになっていた。しかし、南監督は気持ちの変化を見逃さず、「過去のことも含めて知った上で、お前のことを信じている。悪いイメージを持っている人たちを見返すために、変わるんだ。人間は必ず変われる」と声を掛けたという。「こんなしょうもないことで、なぜ気持ちが折れているんだろうと思った。あのタイミングで南先生が声を掛けてくれたから、もう一回頑張ろうと思えた」。

「中学の時は、ヤンチャしている方が楽しかった。でも、淞南に来てから今までやってきたことがダサいってことに気が付き、今までの生活を見直した。親にもかなり迷惑をかけてきたので、恩返しをしなければいけない」。そう口にする通り、以降の人間性は見違えるほどで、今ではチームリーダーとしてピッチ内外で頼もしい姿を見せている。

 成長のきっかけを与えてくれた淞南でのプレーも、残るのは選手権のみ。少しでも長く仲間と過ごすために、今はトーナメントを勝ち上がることしか考えていない。これまで全国大会では、センスを感じさせながらも見る人にインパクトを与えるプレーが少なかったが、今回はきっと違う。彼なら、選手権屈指の司令塔から、選手権の主役に変われると信じている。

取材・文=森田将義

MORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNOMORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNO

BACK NUMBER第98回全国高校サッカー選手権大会 出場校のバックナンバー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA