FOLLOW US

[仙台育英]1年生も積極起用で躍進! 激しい競争が仙台育英を強くする【高校サッカー選手権】

試合後チームの先頭に立つのは決勝点アシストの1年生明石海月 [写真]=小林健志

 3年連続選手権出場を果たした仙台育英。しかし、今季は苦しい戦いが続いた。

過去2年は新人大会、高校総体、選手権予選の県大会3冠を達成していたが、今季は新人大会、高校総体でいずれも聖和学園に敗れタイトルを取れず、夏のインターハイ出場も逃した。「インターハイに負けてみんなの覚悟と責任が強まり、自分と副キャプテンの文太で日常生活でもいろんな声かけをするようになりました」と語ったDF小林虎太郎(3年)キャプテンやGK佐藤文太(3年)副キャプテンの下、チームは立て直しを図った。

 プリンスリーグ東北は後半戦で勝利を重ね、終盤までプレミアリーグプレーオフ出場権争いに絡んだ。その中で存在感を高めていったのは1年生だった。城福敬監督も「エースストライカー」と期待を高めるのはFW佐藤遼(1年)。スピードを生かし、相手DFラインの背後を取って、ゴールまで持ち込める選手でレギュラーに定着した。また、MF明石海月(1年)も右サイドハーフとして活躍。佐藤と同じくスピードが持ち味で、切れ味鋭いドリブル突破からクロスボールで決定機を演出する。プリンスリーグ東北は最終的に4位で終え、プレーオフ出場権を勝ち取れなかったが、チーム状態自体は上向いてきていた。

 迎えた選手権予選は決勝まで勝ち上がり、聖和学園と対戦。前半はミスから失点を喫するが、今季のチームの持ち味であるスピードを生かし、徐々に優位に試合を進めすると、後半はセットプレーから同点に追いつく。そして、大きな仕事をしたのは途中出場の明石だった。明石が右サイドを突破しクロスを上げると、左サイドハーフMF豊倉博斗(2年)がゴールを決めて逆転。2-1で今季勝てていなかった聖和学園に勝利し、全国への切符を勝ち取った。

 城福監督は全国大会出場を決めた後「各学年、常に競争をさせています。良い選手はトップ、ダメならセカンドという形で固定のチームを作らないようにしています。『調子の良いやつが試合に出る』という日常があるので、それがそのまま出ました」と語る。守護神の佐藤文も逆転ゴールの豊倉も1年時から公式戦出場を重ね、選手権で全国の舞台を踏んだ選手。明石や佐藤遼の活躍も、下級生でも良いプレーを見せれば絶対にチャンスが来る仙台育英だからこそ実現した。

 ひょっとしたら選手権では、これまで出場機会が無かった選手がピッチに立つことがあるかもしれない。しかし、それは仙台育英にとって不思議なことではない。最後の最後まで全国大会のピッチに立つための競争があることで、仙台育英は強くなる。過去2年は2回戦敗退が続いているが、壁を破って3回戦、その先へと上位進出を目指す。

取材・文=小林健志

BACK NUMBER第98回全国高校サッカー選手権大会 出場校のバックナンバー

MORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNOMORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNO

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA