FOLLOW US

[秋田商業]13年の屈辱を払拭した東北の雄…攻撃サッカーで“8強超え”に挑む!【高校サッカー選手権】

前回大会ベスト8躍進の立役者MF原田悠翔 [写真]=小林健志

 5年連続の選手権出場となった秋田商業は、前回大会で大躍進を遂げた。

 それまで秋田県勢は13年連続初戦敗退という悔しさを味わっていた。プリンスリーグ東北で秋田県のチームが存在しない時期が長く続いたこともあり、強度の高い試合経験を積めないことも大きかった。秋田商業は公立校ながら一昨年、人工芝グラウンドを整備するなど練習環境を向上させた。さらに、小林克監督の下で丁寧にビルドアップしながらゴールを目指すポゼッションサッカーを地道に磨き続け、昨季から2年間プリンスリーグ東北を戦うことができた。ブラウブリッツ秋田U-15が全国大会にコンスタントに出場するなど、秋田県内で技術の高い選手が出てくる土壌が形成されたことも功を奏し、14年ぶりの初戦突破にとどまらず、全国ベスト8という快挙達成につながった。

 今季はプリンスリーグ東北では苦戦し、最下位で秋田県リーグへの降格が決まったが、1年生も多く起用し、多くの選手を強度の高いリーグ戦で試した。選手権に向けて選手層を厚くし、前回大会以上に自分たちで主導権を握ったポゼッションスタイルを見せようと努力を重ねてきた。

 今季のチームは前回大会でベスト8に大きく貢献したメンバーが多く残っていることが好材料だ。PK戦で大活躍を見せたGK山口雄也(3年)や、センターバックコンビとして堅守を見せたDF松野真士(3年)、DF田近奈生(3年)らと共に、ベスト8進出の立役者となっていたのはMF原田悠翔(2年)だ。前回大会では1年生ながらボランチとして先発出場を果たし、攻守の要として活躍。決定機をつくり出す長短のパスは精度が高く、今季は負傷などもあり、先発から外れる試合もあるが、コンディションが整えば活躍は間違いない。

 また、原田悠と双子のFW原田遥翔(2年)も今季レギュラーに定着した。中盤の選手だったが、今季はストライカーとしてブレイク。選手権県予選では全4試合でゴールを挙げ、6得点をマーク。秋田商のエースストライカーに躍進した。元々中盤だったこともあり、足下の技術に優れ、ボールが良くおさまりシュート精度が高いだけでなく、長身を生かしたヘディングでもゴールを狙える。原田悠と原田遥のダブル出場が実現すれば、双子ならではのコンビネーションでゴールを目指すことも可能となるだろう。

 前回大会に続いて守備でハードワークしつつ、丁寧にショートパスをつなぎゴールを目指す攻撃的なサッカーを見せ、ベスト8を超える躍進を期待したい。

取材・文=小林健志

※山口雄也選手の表記に関して誤りがありました。2019年12月26日15時45分、修正いたしました。

MORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNOMORELIA II JAPAN DEBUT!!|フットボール│ミズノ - MIZUNO

BACK NUMBER第98回全国高校サッカー選手権大会 出場校のバックナンバー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA