2019.01.14

「お前を強くするから」…青森山田のキャプテンがどうしても優勝したかった『特別な理由』

青森山田キャプテンのGK飯田雅浩(中央)はチームを2度目の全国制覇へ導いた [写真]= 山口剛生
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 大会直前に新キャプテンとなったGK飯田雅浩は、見事にチームを引っ張り、2度目の選手権制覇に導いた。キャプテンとしての思いだけでなく、彼には今大会に絶対に優勝をしなければいけない『特別な理由』があった。それは3年間GKとして、人間として、常にそばで指導をしてくれた大久保隆一郎GKコーチの存在だ。実は大久保コーチはこの大会を最後に、青森山田を離れることが決まっていた。それが選手たちに伝えられたのは、今大会初戦(草津東戦)前のミーティングだった。

「薄々はそうなるかもと感じていた」と飯田が語ったように、大久保コーチがチームを去ることを予感させる出来事がいくつかあった。1つは新チームになってからGKコーチが1人増えたことだ。セットプレーの時は大久保コーチが指導に当たることが多かったが、新たに加わった古川大海コーチも担当する機会が増えたという。そして、飯田の中で事実となり始めたのは、昨年10月の県新人大会だった。1,2年生の新チームで戦うこの大会に、大久保コーチが帯同せず、古川コーチが帯同した。

「大久保コーチの仕事を古川コーチに引き継ぎしているのかなと感じました……。正直、大久保コーチに『もしかして…』と聞きたかったけど、聞けなかった。聞いたら失礼になると思ったし、正直、確定するまでは信じないと決めていた」

 しかし、飯田の思いとは裏腹に、予想は現実となった。そして、ショックと同時に、「絶対にこの大会に優勝して、恩返しをしないといけない」と強く思った。その瞬間、高2のときに言われた大久保コーチの言葉が脳裏に浮かんだ。

「お前をもう1年かけて強くするから」

 この言葉は、昨年度の高円宮杯プレミアリーグイーストの最終戦・FC東京U-18戦後、大久保コーチに言われたもの。この試合に勝てば、2年連続の優勝もあった重要な一戦で、飯田はスタメン出場を果たすも、立ち上がりから不安定さが目立ち、DFラインとの連携もバラバラだった。そこを相手に突かれて2失点。60分には3年生GK坪歩夢との交代を告げられた。

「僕は1つ目のミスをしてしまうと、その後ずっと引きずってしまって、負の連鎖を招いていました。あの試合は、それが出てしまった…」

 屈辱のGKの途中交代。チームはここから巻き返すも、2-3で敗戦。目の前でFC東京U-18に優勝を決められてしまった。交代直後からずっと涙を流していた飯田は、「これで僕の選手権はなくなったかもしれない」と思っていた。坪に正GKの座を奪われることを覚悟していた。だからこそ、試合後に大久保コーチのもとに行き、「このままじゃ終われないので、もう1年よろしくお願いします」と頭を下げた。この時に言われたのがあの言葉だった。その時、大久保コーチの目にも涙が浮かんでいた。

 覚悟した通り、昨年の選手権は第2GKとしてベンチで試合を見つめた。それでも、1年間大久保コーチの練習に必死で食らいついてきた。

「この1年、死に物狂いで頑張ろうと思えた。選手権に出られなかったのは全て自分のせい。僕のせいで3年生のプレミアリーグを終わらせた。この1年間、FC東京戦は一度も忘れたことはありません」

青森山田を離れ別々の道に

[写真]=野口岳彦

 自分と大久保コーチにとって青森山田で最後の大会となった今大会、彼はファインセーブを連発し、チームの勝ち上がりに貢献した。そして、準決勝(尚志戦)ではPK戦で4人目のDFフォファナ・マリックのキックを鮮やかにセーブすると、ベンチで大喜びをする大久保コーチの姿が目に飛び込んできた。続く5人目、DF藤原優大のキックが決まった瞬間、飯田はベンチの大久保コーチのもとに一直線に走って行った。

「大久保コーチに真っ先に抱きつきたくて、ベンチの仲間が祝福に来てくれたけど、『ごめん!どいてくれ!』と言ったら、みんな分かってくれて、大久保コーチと抱き合うことが出来た。本当に嬉しかった」

 迎えた決勝でも安定感抜群のプレーを見せ、相手の攻撃を最少失点に抑えた。全国制覇が決まった瞬間、彼の脳裏には苦しかった3年間が思い浮かんだ。同時にこれで大久保コーチとの二人三脚が終わることも……。

「大会中は大久保コーチが辞めることに関しては一切触れなかった。だからこそ、終わってから『本当に3年間ありがとうございました』と感謝の意を伝えることが出来ました。『お前の努力が合ったからこそ、優勝できたんだ。俺もお前が優勝してくれて本当嬉しかった』という言葉をもらえて、恩返しが出来たと思います」

 表彰式後、黒田剛監督、正木昌宣ヘッドコーチの次に大久保コーチが胴上げをされた。飯田は目に涙を浮かべながら、恩師を胴上げした。

「大久保コーチを『選手権で2度優勝しているコーチ』として、次のステップに送り出したかったので、それが出来て本当に嬉しいです。次は大学サッカーでしっかりと成長して、4年後にプロになることで、また大久保コーチを喜ばせたい」

 卒業後は国士館大に進む飯田。2人は青森山田を離れ別々の道を歩むが、飯田の大久保コーチへの恩返しは、これからも続くことだろう。

取材・文=安藤隆人

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング