FOLLOW US

中川の値千金のゴールで瀬戸内が3回戦進出…都市大塩尻は巻き返すも無得点に終わる

瀬戸内が3回戦進出を果たした [写真]=山口剛生

取材・文=川原宏樹(提供:ストライカーデラックス編集部)

 瀬戸内は初出場での初戦だったにもかかわらず、選手たちには緊張した様子はなく、試合序盤から落ち着いたビルドアップを見せた。4-3-3のシステムを組んだ瀬戸内はビルドアップで丁寧にボールをつなぎながら、相手SBの裏をロングボールで狙っていき、都市大塩尻を押し込んでいった。そして前半20分、FW中川歩夢のドリブル突破からゴールが生まれる。

 中川のドリブルが大きくなったところを都市大塩尻DF野澤大稀が寄せにいくも、うまく入れ替った。抜け出した中川はペナルティーエリア手前から左足を振り抜くと、ゴール右下へ決まり、瀬戸内が先制点を挙げた。その後もショートパスで都市大塩尻の守備陣を崩しにかかった瀬戸内が、相手にゲームの流れを渡すことはなかった。

 後半に入り都市大塩尻は前線からのプレスを強め、瀬戸内のビルドアップを寸断。交代でフレッシュな選手も投入して拍車をかけた。さらに、サイドを起点にクロスでチャンスを演出しようとした。しかし、いずれも精度が低く得点には至らなかった。一方の瀬戸内は、相手SBの裏を取る場面が増えるも、ゴールへ近づくことはできず、こちらも追加点を奪うことができなかった。

 結局、落ち着いたビルドアップから両ウイングを走らせ、相手を押し込むサッカーを見せた瀬戸内が試合巧者だった印象が強い。しかしながら、ゴールを奪うためのアイデアには乏しく、相手を押し込んだ後のアクションは課題と言えるだろう。中盤でのショートパスやそこからの崩しには目を見張るものがあるだけに、そういったアイデアを次戦以降にゴール前で見てみたい。

 敗れた都市大塩尻は、前半には1本のみだったシュートも、後半には守備から始まる攻撃で6本のシュートに結びつけた。運が傾いていれば、勝敗は変わったかもしれない。そう思うと前半に自分たちのサッカーができなかったことが悔やまれる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA