2018.12.28

<日本航空>旧友たちとの対決「負けられない」 FW師岡柊生が初全国で燃える理由【選手権出場校紹介】

師岡柊生
最前線で様々なタスクをこなす師岡柊生 [写真]=吉田太郎
育成年代を中心に取材活動を展開。

 今夏のインターハイは山梨学院が初優勝を飾った。だが、その山梨学院は選手権に出場することができない。山梨県予選準決勝で延長戦の末、帝京三に敗戦。その帝京三を破って6年ぶりとなる全国出場を決めたのが日本航空だ。

 日本航空は、“航空のアルトゥーロ・ビダル”ことMF塚越誠也主将(3年)とMF中島偉吹(3年)のダブルボランチを中心とした全員攻撃・全員守備が特長。夏場に徹底的に走り込んできたというチームはハードワーク、球際の攻防の強さに自信を持っている。山梨県予選決勝でもゴール前の守りを固め、徹底的にエースFW師岡柊生(3年)へのロングボールを活用。帝京三に攻撃のリズムを作らせずに勝ち切った。

 師岡は得点を奪うだけでなく、サポートがない状況でもボールを収め、一人でFKやCKを奪い取ってしまうストライカー。帝京三戦では推進力とキープ力でチームの押し上げをもたらし、勝利に大きく貢献した。その師岡は全国大会で旧友たちとの対戦を目指している。

 FC多摩ジュニアユース(東京)時代は、山梨学院のエースストライカーでヴァンフォーレ甲府内定のFW宮崎純真(3年)と2トップ。インターハイで大活躍した宮崎と県予選開幕前に「決勝でやろうよ」と約束していたが、宮崎が準決勝で敗れたため、直接対決は実現できなかった。

 それでも「(純真の分も)力に変えて自分がやってやらないと」と臨んだ決勝を制して選手権の切符を手に。全国大会では同じくFC多摩ジュニアユース出身の流通経済大柏CB関川郁万(3年、鹿島アントラーズ加入内定)や桐光学園CB望月駿介主将(3年)らとの旧友対決を、今度こそ実現したいという思いを持っている。

 彼らと師岡はいずれも小学生時代から東京・八王子の地区選抜でプレー。昨年度の選手権で大活躍し、プロ入りを決めた関川と、インターハイでチームを決勝へ導いた望月、そして宮崎はすでに全国で結果を残しているだけに、師岡も高校進学後初となる全国の舞台で大暴れするつもりだ。

 組み合わせの結果、流通経済大柏とは準決勝、桐光学園とは決勝戦でしか対戦することができない。それでも師岡は「負けられないですね。(関川や望月相手に)全部収めてボールを散らしたり、得点を決めたりしたい」と誓う。昨年の選手権予選は大会途中のケガで離脱。今大会、懸ける思いは人一倍に強い。最初で最後の選手権で自分が主役になる。

取材・文=吉田太郎

【選手権出場校紹介】のバックナンバー

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る