2018.08.01

【インハイプレビュー】“抑える”“勝つ”以上を自らに課して…飛躍を続ける万能DF高嶋修也(明秀日立)

明秀日立の主将、高嶋修也(中央)は空中戦、キックの精度、スピードに秀でたCBだ [写真]=吉田太郎
育成年代を中心に取材活動を展開。

 今年のインターハイは、鹿島アントラーズ内定の関川郁万(流経大柏)こそ出場を逃したが、アビスパ福岡内定の三國ケネディエブス(青森山田)や吉村仁志(大津)、岸本駿朔(市立船橋)、丸山海大(東福岡)ら例年以上に注目されるセンターバックが多い印象だ。年代別日本代表やプレミアリーグで活躍する彼らに比べると、知名度は高くないかもしれない。それでも彼ら以上に輝きを放つ可能性があるCBが、明秀日立(茨城)のDF高嶋修也主将だ。

 鹿島アントラーズノルテジュニアユース出身。ユースチームに上がれるだけの実力を秘めていた高嶋は、茨城北部、日立市に位置する新興勢力・明秀日立で飛躍を遂げている。1年時に国体で全国大会を経験し、昨年度はチームの守備の柱へと成長した。選手権では伝統校の星稜(石川)やV候補の一角に挙げられていた大阪桐蔭(大阪)を破り、チーム初のベスト8進出に貢献した。

 本人は選手権で「身体やヘディングは通用した」と自信を持っている部分が全国でも戦える武器であることを確認している。一方で、敗れた上田西(長野)戦では背後を取られてPKを献上。精度が高いキックを自身の背後に落とされ、その対応にバタついてしまったまま修正することができなかった。

「全国ではスピード感が県内と違ってそういうところが敵わなくて、上田西戦ではPKを与えてしまったり、裏へ抜け出されたシーンがたくさんあった」と悔しがる。だが、空中戦での抜群の強さに加え、両足のキック精度の高さ、そして元々スピードもあるCBは高校ラストイヤーで課題を改善しながら一回り成長した。

「誰にでも頼られるCBになりたいですし、コイツがいれば守れるみたいな頼られる選手になりたいです」と語っていた通り、ピッチでは抜群の存在感を放つ。インターハイ予選決勝では激しい雨で難しいコンディションだったにもかかわらず、強豪・鹿島学園を相手に空中戦で完勝し、的確なスライディングタックルを決めるなどゴールに近づけなかった。

 激しい雨の中で好プレーを見せたが、その中でもビルドアップの精度を高めないと上で活躍できないと反省。関東屈指のCBは“抑える”“勝つ”以上のことを自身に課している。JFLの佐川印刷SCでプレーした経歴を持つ萬場努監督が「日本トップのCBを目指して頑張ってほしい」と期待する高嶋は、インターハイで強敵を封じ込め、攻撃面でも白星に貢献して評価を高めるか。

「選手権よりも進路の部分ではインターハイの方が大事。活躍したいです。無失点で優勝できるようにしていきたい」。選手権の全国8強超え、そして日本一を勝ち取って、サッカー人生を変える。

文=吉田太郎

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
66pt
横浜FC
57pt
水戸
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング