2017.01.05

東海大仰星が前回王者を撃破 東福岡に完封勝利で初のベスト4進出

攻め込まれる展開が続いた東海大仰星だったが、66分に先制点を決めた [写真]=鷹羽 康博
サッカー総合情報サイト

 第95回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が5日に行われ、東福岡(福岡)と東海大仰星(大阪)が対戦した。

 前回王者で連覇を目指す東福岡は、3回戦で鹿児島城西(鹿児島)に3-0の完勝。対する東海大仰星は富山第一(富山)を2-0で下し、準々決勝へ駒を進めた。

 最初にシュートを放ったのは東福岡。4分、左サイドで受けた小田逸稀がドリブルで仕掛けミドルシュートを打ったが、ボールは枠を外れる。その後も東福岡のペースで試合が進み、13分には相手のクリアボールを拾った高江麗央がロングシュートを放つと、ボールはバーに直撃した。

 続く25分、東福岡は高江が蹴った右CKを小田が頭で合わせる。しかし、シュートはゴール正面へ行き、GKが落ち着いてキャッチした。
 
 なかなかチャンスを作ることができない東海大仰星は31分、カウンターから大東史明が右サイドを駆け上がり、中央の藤山海星へボールをつなげる。しかし、藤山のラストパスは相手守備に阻まれ、決定機とはならず。東福岡が終始ボールを支配したものの、スコアレスで前半が終了した。

 後半に入り43分、東福岡に決定機が訪れる。右サイドの福田湧矢がクロスを供給し、ボールはペナルティエリア中央で待つ青木駿へ。青木はフリーでヘディングを放ったが、シュートはゴール真上に外れた。

 押し込まれる展開が続く東海大仰星は53分、藤山に代えて松山樹生を投入。すると66分、左サイドからのCKを玄尚悟がヘディングで合わせ、こぼれた球を吉田純平が押し込み先制点を決めた。

 その後は両者一進一退の攻防が続く。しかし試合はそのまま終了し、東海大仰星が1-0で東福岡を下した。勝利した東海大仰星は7日に行われる準決勝で正智深谷(埼玉)と青森山田(青森)の勝者と対戦する。

【スコア】
東海大仰星 1-0 東福岡

【得点者】
1-0 66分 吉田純平(東海大仰星)

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る