FOLLOW US

JFA理事会が浦和にけん責処分決定…天皇杯でのサポーターの行動が問題に

浦和レッズにけん責 

 日本サッカー協会(JFA)は16日、理事会で浦和レッズにけん責処分を科すことを決定した。

 浦和レッズは10月27日にパナソニックスタジアム吹田で行われた天皇杯JFA第101回全日本サッカー選手権大会 準々決勝のガンバ大阪戦でのサポーターの行動を問題視。具体的には以下の事実が認められ、理事会で懲罰に関する決議がとられた。

【事実1】
大会ルールでは事前申請となっているコレオグラフィを未申請で座席背もたれに取り付けた。中止を要請するもクラブの責任を持って管理するとの回答があったことからゴール裏に限り、認めたが、メイン・バックスタンドに拡大して取り付けた。また、バックスタンドの当該エリアで一部の座席購入者より苦情が寄せられ、振替などの対応が発生した。

【事実2】
指定されたバナー掲出位置ではないゴール裏観客席内の座席にポールを固定して横断幕を掲出し、撤去要請を行うも応じず、試合終了まで掲出した。

【事実3】
14:30 頃、応援バナーを積んだ車両により事前申請せずに管理敷地内に進入し、そのまま当該車両は同所に留め置かれ、15:00 頃退出した。

【事実4】
ゴールライン後方フィールド上に設置された TV 中継用カメラの位置にかかる横断幕を掲出し、カメラスタッフが横断幕を踏んでしまう可能性があったため、横断幕の位置を動かすよう依頼したが応じなかったため、中継カメラの位置を変更した。

【事実5】
後半 40 分頃、開放されていないゴール裏右側の 3 層スタンド(5F)への進入が発見され、自席に戻るよう促したが聞き入れられず、試合終了まで同所で観戦、応援を続けた。

 これを受けて理事会は「天皇杯の参加チームは、主催者と協力して観戦者や選手など試合に関わる人の安全の確保に努めなければならないだけでなく、天皇杯試合運営要項第 30 条等により、自チームのサポーターに対して、試合の前後および試合中において秩序ある適切な態度を保持するよう努める義務を負う。また、前項の義務の遂行を妨げる観客等に対して、主管協会と協議の上、適切な措置を講じなければならないが、対応することができなかった」としてけん責処分を科すことを決定した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO