FOLLOW US

宇賀神友弥、決勝ゴールは「自分でも素晴らしいと褒めてあげたい」

決勝ゴールを決めた宇賀神友弥 [写真]=Getty Images

 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会決勝が9日に行われ、浦和レッズベガルタ仙台を1-0で下し、12大会ぶり7度目の天皇杯優勝を成し遂げた。

 試合後のインタビューに応じた宇賀神友弥は、「クラブのレジェンドであるヒラ(平川忠亮)さんが引退するっていう特別な年でもありましたし、どうしても優勝してヒラさんにカップを掲げさせたいなという気持ちが溢れ出ていた。ヒラさんが安心して『次は宇賀神に託したよ』と言ってもらえるようなゲーム、そしてゴールだったんじゃないかなと思います」と語った。

 決勝ゴールとなったダイレクトボレーについては、「あの形は練習していたので、本当に決められて安心してます。自分でも素晴らしいと褒めてあげたいなと思います」と喜んだ。

 無失点で終えたことには、「これが浦和レッズだと思いますし、ホームの埼玉スタジアムで戦うことはこういうことだぞっていうのを対戦相手には見せつけることができたんじゃなかなと思います」と振り返った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO