FOLLOW US

2冠を狙う鹿島、クラブ初タイトル目指す川崎が天皇杯決勝へ…CS準決勝の再現

第96回天皇杯決勝で対戦する鹿島(上)と川崎(下) [写真]=Getty Images

 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝が29日に行われた。

 準決勝第1試合では、横浜F・マリノス鹿島アントラーズが激突した。横浜FMが押し気味に試合を進める中、41分に鹿島がMF土居聖真のヘディングシュートで先制。73分には途中出場の鈴木優磨が追加点を決め、リードを広げる。後半途中にMF中村俊輔を投入した横浜FMだったが、最後までゴールを奪えず、2-0で鹿島が勝利した。

 続く準決勝第2試合、大宮アルディージャ川崎フロンターレの一戦は、両者一歩も譲らず激しい展開に。それでもスコアレスで迎えた85分、CKから川崎DF谷口彰悟が右足で決勝ゴールを挙げ、クラブ史上初の決勝へ進むこととなった。

 この結果、元日のファイナルでは鹿島と川崎が対戦することに。11月23日の明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ準決勝と同じカードとなった。鹿島が勝利すればリーグ戦と合わせて今季2冠、川崎が勝利すればクラブ史上初タイトルとなる。

■準決勝結果
横浜F・マリノス 0-2 鹿島アントラーズ
大宮アルディージャ 0-1 川崎フロンターレ

■決勝カード(市立吹田サッカースタジアム/2017年1月1日14時開催)
鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO