2018.08.29

鹿島が初の4強へ前進、水原三星とカタール2クラブも先勝/ACL準々決勝第1戦

ACL準々決勝ファーストレグで、鹿島(左)とアル・サッド(右上)、水原三星(右下)らが先勝 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝ファーストレグが27日から29日にかけて各地で行われた。

 東地区では、日本勢で唯一のベスト8進出を果たした鹿島アントラーズがホームで天津権健(中国)と対戦。MFレオ・シルバ、FWセルジーニョの両ブラジル人選手がゴールを決め、2-0と完封勝利を収めた。アウェイゴールを許すことなく先勝し、クラブ史上初のベスト4進出へ前進している。

 東地区のもう1試合は、全北現代と水原三星の韓国勢対決。敵地に乗り込んだ水原三星が3-0と完勝し、準決勝進出に向けて優位に立った。

 また西地区では、グループステージからラウンド16まで8戦全勝と圧倒的な強さを示しているアル・ドゥハイル(カタール)がペルセポリス(イラン)にホームで1-0と先勝。エステグラル(イラン)と対戦したアル・サッド(カタール)は敵地で3-1と勝利を収め、準決勝進出へ大きく前進している。

 ACL準々決勝ファーストレグの結果は以下のとおり(左側がホーム)。セカンドレグは9月17日から19日にかけて開催される。

▼西地区
エステグラル(イラン) 1-3 アル・サッド(カタール)
アル・ドゥハイル(カタール) 1-0 ペルセポリス(イラン)

▼東地区
鹿島アントラーズ(日本) 2-0 天津権健(中国)
全北現代(韓国) 0-3 水原三星(韓国)

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る