FOLLOW US

「もったいないですね」…守護神・東口、ロスタイム被弾を悔やむ

3失点を悔やんだG大阪の東口 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第5節が25日に行われ、ガンバ大阪(日本)とアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)が対戦した。

 6分に長沢駿が先制点を挙げると、12分には堂安律が追加点。一度は追い付かれたものの、77分にはオ・ジェソクのクロスに再び長沢が合わせ、逆転に成功する。しかし、後半アディショナルに同点弾を許し、試合は3-3のドローに終わった。

 試合後、G大阪のGK東口順昭がインタビューに応じている。

 開口一番、「もったいないですね……。」と語った東口。「FKを与えてしまっても、中でしっかりと対応していたら問題なかったし、自分が取っていたら何の問題もなかったので。3失点とも何もできなかったということがすごい悔しいし、それがチームの結果として出てしまったので、特に悔しい」と悔しさをにじませた。

 その3点目の失点について、「自分の判断で前には出なかったんですけど、結果的に入れられてしまったので、そこは間違っていたと思う。あの場面で跳ね返していけるようなGKにならないと、自分のレベルアップにもつながらない」とコメントした。

 今後に向けては「勝っている時の試合の終わらせ方は、もっと学んでいく必要があるかなと思います」課題を述べた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA