2017.04.25

川崎、奈良ヘッド弾でACL初勝利…5戦無敗、決勝T進出に王手

サッカー総合情報サイト

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第5節が25日に行われ、水原三星ブルーウィングス(韓国)と川崎フロンターレ(日本)が対戦した。

 GSの4試合を終えて、4連続引き分けの川崎。勝ち点「4」でグループGの3位につけ、残り2試合にグループステージ突破を懸ける。先発メンバーにはGKチョン・ソンリョンや中村憲剛、小林悠らが名を連ねた。

 均衡が破られたのは後半開始早々だった。48分、中村が蹴ったFKに飛び込んだ奈良竜樹が打点の高いヘディングシュートでゴールネットを揺らした。

奈良竜樹が打点の高いヘディングシュートを決めた [写真]=Getty Images

 リードを奪った川崎は64分、ハイネルとエドゥアルド・ネットを投入。反撃を期す水原三星に応戦する。終盤は相手の猛攻に遭ったが、GKチョン・ソンリョンの好守もあり、1点を守り切った。試合は1-0で終了。川崎が敵地で貴重な完封勝利を収め、今大会初白星を獲得した。

 川崎は1勝4分けの勝ち点「7」でグループ暫定3位、水原三星は同「8」で暫定首位のまま。広州恒大(中国)は同「6」で、日本時間25日21時にキックオフを迎えた第5節でイースタン(香港)と試合を行っている。広州恒大が勝った場合は勝ち点「9」で首位に浮上。引き分けた場合は川崎と勝ち点「7」で並ぶこととなる。

 そして5月9日のGS最終節で、川崎はイースタンをホームに迎える。同試合で勝利を収めれば、勝ち点は「10」に。そして同日、広州恒大と水原三星が直接対決を控えているが、いかなる結果に終わっても、両チームが同時に勝ち点「10」を上回る可能性はない。以上を総合すると、川崎はGS最終節でイースタンに勝てば自力で決勝トーナメント進出を決めることができる。

 川崎の公式戦次戦は30日、明治安田生命J1リーグ第9節でセレッソ大阪とアウェイで対戦する。

【スコア】
水原三星ブルーウィングス 0-1 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 48分 奈良竜樹(川崎フロンターレ)

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る