2015.09.17

ACLベスト4出揃う…G大阪は7年ぶりの準決勝で広州恒大と対決

ACL準決勝で対戦するG大阪(上)と広州恒大(下)[写真]=Getty Images, /ChinaFotoPress via Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグが15、16日に各地で行われた。この結果、ベスト4進出クラブが出揃った。

 柏レイソルは、15日に広州恒大(中国)と対戦。ファーストレグで1-3の敗戦を喫していた柏は、12分に幸先良くクリスティアーノのゴールで先制するも、30分にフアン・ボーウェンに得点を許し、同点とされる。後半に入っても柏は追加点を奪えず、1-1の引き分けで試合終了。2試合合計2-4でベスト8敗退となった。一方の広州恒大は2年ぶりの準決勝進出を果たしている。

 16日にはガンバ大阪が、全北現代(韓国)と対戦。ファーストレグはアウェーで0-0の引き分けで終わっていた。試合は、13分にレオナルドの得点で全北現代に先制を許すも、G大阪が直後にパトリックのゴールで同点とし前半を折り返す。後半はG大阪が76分に倉田秋の得点でリードを奪うも、88分にウルコ・ベラに失点を喫し再び同点。しかし試合は、後半アディショナルタイムに米倉恒貴が決勝弾を挙げて勝負あり。G大阪が3-2で勝利を収め、同大会を制覇した2008年以来7年ぶりのベスト4進出を決めた。この結果、G大阪は準決勝で広州恒大と対戦する。

 一方西地区では、アル・ヒラル(サウジアラビア)が15日にレフウィヤ(カタール)と対戦し、2-2の引き分けに終わるも、2試合合計で6-3としベスト4に駒を進めた。また、16日にナフト・テヘラン(イラン)と対戦し2-1で勝利したアル・アハリ(UAE)が、2試合合計3-1でベスト4進出。この結果、準決勝でアル・ヒラルとアル・アハリが対戦する。

■ACL準々決勝の結果(2試合合計スコア)

▼東地区
柏レイソル 2-4 広州恒大(中国)
全北現代(韓国) 2-3 ガンバ大阪

▼西地区
アル・ヒラル(サウジアラビア) 6-3 レフウィヤ(カタール)
ナフト・テヘラン(イラン) 1-3 アル・アハリ(UAE)

■ACL準決勝の対戦カード

▼ファーストレグ
9月29日
アル・ヒラル vs アル・アハリ

9月30日 
広州恒大 vs G大阪

▼セカンドレグ
10月20日
アル・アハリ vs アル・ヒラル

10月21日
G大阪 vs 広州恒大

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
42pt
横浜FM
39pt
鹿島アントラーズ
37pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
43pt
柏レイソル
43pt
水戸
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
藤枝
31pt
北九州
30pt
Jリーグ順位をもっと見る