2015.02.25

ACL初戦、日本勢1分3敗で未勝利スタート…G大阪と鹿島はホームで敗戦

広州富力にホームで敗れたG大阪 [写真]=遠藤健次

 AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第1節が24日と25日に開催された。

 2008年に優勝したガンバ大阪以来となるアジア制覇を目指す日本勢は今大会、G大阪、浦和レッズ、鹿島アントラーズ、柏レイソルの4チームが出場となった。

 昨季、国内三冠を成し遂げたG大阪は開幕節でホームに中国の広州富力を迎えたが、前後半に1失点ずつを喫し、内容は押し込みながらも完封負けで黒星スタート。

 2007年の同大会王者である浦和はアウェーで韓国の水原三星戦。前半終了間際に森脇良太の得点で先制したが、後半は劣勢に。56分に同点弾を許すと、試合終了間際の87分に逆転弾を喫し1-2で敗戦した。

 鹿島はホームで前回大会王者のウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦。1-1で迎えた86分、サンフレッチェ広島からW・シドニーに移籍した高萩洋次郎が値千金の決勝弾。アディショナルタイムにも失点し、1-3でホームでの大会初戦を落とした。

 プレーオフを勝ち上がって本戦出場となった柏は、韓国で全北現代と対戦となったが、劣勢の展開の中、相手の攻撃をしのぎ切り、0-0で試合を終え、勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

 この結果、7年ぶりの大会制覇を狙う日本勢の開幕節の成績は、1分3敗で勝利無しとなった。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
22pt
ベガルタ仙台
15pt
C大阪
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
20pt
大分
18pt
山口
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る