FOLLOW US

Jリーグ王者の広島、グループ最終節勝利で初のACL決勝T進出

最終節で決勝トーナメント進出を決めた広島 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節が23日に行われ、グループFでは昨季のJリーグ王者のサンフレッチェ広島とオーストラリアのセントラル・コースト・マリナーズが対戦した。

 グループ最下位の広島だが、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる一戦。ホーム戦に臨むと、序盤から攻め込むが得点できない時間が続いた。43分には塩谷司がFKを直接狙ったが、GKの好守に阻まれた。

 前半をスコアレスのまま折り返すと、50分には右サイドからのクロスを野津田岳人がヘディングで合わせたが、枠を捉えきれなかった。55分には、石原直樹が左サイドからのクロスからボレーシュートを放ったが、ゴール脇に外れた。

 64分にはゴール正面でFKを得たが、高萩洋次郎のシュートはGKの好セーブに遭い、直後の67分にも森崎浩司がゴール前でシュートを放ったが、枠を外れた。

 無得点のまま終盤を迎えたが、73分に抜け出した石原が倒されると、ファウルを犯したブレント・グリフィスにはレッドカードが出された。ゴール前で得たFKで塩谷が直接狙うと、ボールは山岸智に当たり、ゴールに吸い込まれた。

 先制に成功した広島は、追加点こそ挙げられなかったが、1-0のまま逃げ切った。2勝3分け1敗の勝ち点9で、初の決勝トーナメント進出を決めた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA