2014.03.18

横浜FM、ACL2敗目で決勝T進出黄信号…敵地でメルボルンに完封負け

横浜FM
前半、メルボルンのFWバルバルセスが決めた先制点のシーン [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節が18日に行われ、グループGではオーストラリアのメルボルン・ビクトリーと横浜F・マリノスが対戦した。

 グループ1分1敗で最下位の横浜FMは中村俊輔、中澤佑二、伊藤翔が欠場。藤本淳吾や中町公祐、富澤清太郎といったメンバーもベンチスタートとなった。

 試合は開始9分、センターサークル内のジェームズ・ジェッゴから前線にスルーパスが出ると、抜け出したコスタ・バルバルセスがGKとの1対1を制して、ホームのメルボルンが先制に成功する。試合は横浜FMがボールを支配し、メルボルンがカウンターを狙う展開で推移。前半はメルボルンの1点リードで折り返す。

 後半に入り55分、横浜FMはゴール正面やや右でFKを獲得すると、ハーフタイムに投入された藤本が左足で直接狙ったが、クロスバーを直撃した。横浜FMはその後も攻勢をかけるも1点は遠く、ネットが揺れることはなく、1-0でメルボルンが勝利した。

 横浜FMは1分2敗ととなり、勝ち点1でグループ最下位のまま。決勝トーナメント進出は苦しい状況となった。4月2日に行われる第4節ではホームで再びメルボルンと対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る