2018.06.21

平山相太が大迫勇也の技術解説「見てほしいのはジャンプのタイミング」

サッカー総合情報サイト

 武井壮・小杉竜一がMCをつとめる毎日放送「戦え!スポーツ内閣」。「歴史的勝利!サッカー日本代表 コロンビア撃破で緊急生放送SP」が特集された6月20日の放送で、かつてサッカー界の“怪物”と呼ばれた元日本代表・平山相太がゲスト出演。コロンビア戦決勝ゴールの大迫勇也を絶賛した。

 まず、コロンビア戦のスターティングメンバーについては「西野監督のもと親善試合をいくつか経験した中で、いちばん良い選手の組み合わせができた」と感じたという。

 大迫のゴールシーンについて、平山は「見てほしいのはジャンプするタイミング」と言い、相手ディフェンダーとの競り合いに“勝利”できた理由を「先にジャンプして、相手を腕でブロックする。これで自分の空間を確保できる。海外のフォワードに見られる技術」と解説。しかし、ジャンプのタイミングが早すぎるとボールに合わせることはできない。ポストプレーを得意とした平山でも「したり、しなかったり」だった高等技術だという。

 さらに平山は、大迫の守備面での貢献にも注目。ハメス・ロドリゲスのシュートを防いだスライディングについて「ハメスが唯一、“仕事”しかけた場面、『吉田麻也ナイス!』と思ったら大迫だった」と、その豊富な運動量を絶賛した。

 MVP級の活躍をした大迫選手について、平山は「残り2戦でもキープレーヤーになる」と断言。小杉は「コロンビア戦のあと、大迫選手本人も寝る前に『オレ、半端ないな』って言ってたでしょうね」と想像していた。

記事:株式会社毎日放送

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング