2018.05.15

「adidas × キャプテン翼 STADIUM COMIC」が静岡県で開催…特別ゲストに名波監督とJOYが登場!

サッカー総合情報サイト

 4月29日、静岡県のエコパスタジアムにて「adidas × キャプテン翼 STADIUM COMIC」が開催された。

「adidas × キャプテン翼 STADIUM COMIC」は、サッカー日本代表のオフィシャルサプライヤーを務めるアディダスが、2018FIFAワールドカップ ロシアに向けてスタートさせたプロジェクト。人気サッカーマンガ「キャプテン翼」のビッグフラッグにサポーターの思いを集め、日の丸戦士たちを熱くサポートする。

 4月14日に先陣を切って行われた富山会場をはじめ、全国12会場を回る同プロジェクト。その中の一つに選ばれたのが全国屈指のサッカー所・静岡だ。

静岡会場には若林源三のビッグフラッグが登場

 会場にはキャプテン翼の作者、高橋陽一先生が「サッカー日本代表を強くしたい」という思いを込めて描き下ろした、縦25メートル、横15メートルのビッグフラッグが登場。ビッグフラッグは計12種類あり、日本代表のユニフォーム“勝色”を着た登場人物がそれぞれ描かれている。

 静岡会場に登場したビッグフラッグには人気キャラクターの一人、GK若林源三が描かれており、「ガンバレ日本!1点でも多くGOALを!」「世界を驚かせろ!日本!」といった、日本代表の活躍を期待するメッセージが寄せられた。

MVPには豪華プレゼントも! U12フットボールクリニック開催

 同会場では、12歳以下の子どもたちを対象としたサッカークリニックが開催された。汗ばむほどの快晴に恵まれたなか、男女あわせて104名の子どもたちが参加。サッカースクール「クーバー・コーチング・ジャパン」指導の下、エコパのピッチを駆け回った。ドリブルや1対1の練習では笑顔を見せていた子どもたちも、ミニゲームになると表情が一変。真剣な眼差しでボールを追いかけ、球際の厳しさやボールへの執念を見せる子どもも多くいた。

 クリニック終了後には、「クーバー・コーチング・ジャパン」のコーチ陣によってMVPが2名選出。「様々なレベルの子どもたちが集まったなかで、よくチャレンジしていた。それは上達するためにすごく大事なこと」と評価を受けた2名には、5月30日に開催される国際親善試合、日本vsガーナ戦の観戦チケットがプレゼントされた。

名波浩監督&JOYがトークイベントに参加…日本代表に熱いエール

 その後、スペシャルゲストによるトークイベントを開催。元日本代表MFで現ジュビロ磐田監督の名波浩氏とモデル・タレントのJOYさんが登場した。

 名波監督は自身が出場した1998年のフランスW杯を回顧。「サポーターが選手と同じユニフォームを着ているとうれしいし、ものすごく勇気をもらった」と振り返った。また、ロシアW杯グループステージの展望や、2人とも「大ファン」と公言する『キャプテン翼』にまつわる思い出を語るなど、軽快なトークが繰り広げられた。

 名波監督は会場に集まった子どもたちへのメッセージとして「お父さん、お母さんへの感謝の気持ちを常に持って、サッカーの楽しさを知ってほしい」とコメント。保護者に向けては、「子どもたちは日本サッカー界の宝物。ダイヤモンドのごとくピカピカに光らせてほしい。そのためにはコーチだけでなく、ご両親のご理解と応援が必要です」と提言した。

また、JOYさんは「これから始まるW杯で日本代表をみんなと一緒に応援したい。そして、サッカーを楽しんでプレーして、未来の日本代表を目指してほしい」と子どもたちにエールを送った。

 その後、2人もペンを手に取り、日本代表選手に向けたメッセージをビッグフラッグに記入した。名波監督は磐田の選手たちにも毎試合前に伝えているという言葉、「球際、対人、戦え」を。JOYさんは「Never Back Down」と記し、「相手に押される展開になることもあると思いますが、引き下がらず、前に前にプレーしてほしい」と思いを込めた。

 名波監督、JOYさんをはじめ、全国各地のサポーターからのメッセージを集めた12枚のビッグフラッグは、最終的に連結して1枚の巨大フラッグとなり、日本代表戦のスタンドに掲げられる。

「adidas × キャプテン翼 STADIUM COMIC」の詳細はこちら!

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る